健康のこと

  1. 身体のこれから

    くり返すめまい・耳鳴り もしかして「メニエール病」かもしれません

    めまいを起こす病気はいくつかありますが、そのひとつが「メニエール病」です。仕事・家事・育児と多忙な年代に多い病気で、ストレスが深く関係する病気であるため、日頃から十分な休息を心がけ、あれもこれもと頑張りすぎないようにしましょう。

  2. 身体のこれから

    50歳を過ぎたら糖尿病に注意!おすすめの食材は?

    糖尿病にならないためには、必要以上のカロリーを取りすぎない、バランスのとれた食事をとる、規則正しく3食食べることに加えて早食いにならないようにゆっくり食べたり、腹八分を心がけたりすることも大切です。日頃から意識しておきましょう。

  3. 身体のこれから

    安心安全な暮らしのために。眠くなる薬の基礎知識を抑えておこう

    眠くなりやすい薬は、風邪薬や鼻炎薬に多く見られます。眠気が気になるときは、処方してもらうときに「眠気が出にくいものが良い」とお願いすれば、配慮してくれます。あえて総合風邪薬を買わずに症状に特化したお薬を選び、上手にお薬と付き合いましょう。

  4. 50代から気をつける病気。予防・対策

    誰もがかかる白内障 老後のために今からできる予防法とは

    白内障は、日本人の50代の3~5割強、80代のほぼ100%が患っていると言われるほど有病率の高い病気です。「高齢になったら白内障を避けては通れない」と考えて、予防や早期発見・早期治療を心がけることが大切です。

  5. 身体のこれから

    大人の不調にアプローチ おうちでヨガ

    高齢になると膝の痛みや不具合を感じる人がたくさんいらっしゃいます。残念ながら、関節そのものを鍛えることはできませんが、日々のトレーニングでひざ痛を予防したり、緩和することは可能です。下半身の筋肉は70%を占めると言われています。無理ない程度で、ぜひ継続してみてください。

  6. 身体のこれから

    長野県は長寿No.1!その秘訣とは?

    全国的に長寿県として知られている長野県では、健康で長生きするためにさまざまな取り組みが行われています。生活習慣、社会とのつながり、周産期医療の充実など、個人の努力だけではなく、社会とのつながりや多くの人の支えが重要です。

  7. 身体のこれから

    心理学を応用し、禁煙に成功する意外なコツとは

    他人の迷惑にならなければタバコを吸っても構わないと思っている人もいるかもしれませんが、他人に全く害が及ばないように喫煙するというのは相当困難です。「禁煙する」ではなく、「健康的な生活をする」という肯定形の言葉で、どのようになりたいのかを具体的にイメージできるようにして、無理をせずタバコを遠ざけるようにしましょう。

  8. 身体のこれから

    いつまでも健康な歯で過ごすために 50代から始める歯周病予防

    歯周病をそのまま放っておくと、口腔内のみならず、からだにもさまざまな症状を引き起こします。自分の歯でよく噛んで健康的な人生を過ごすためにも、歯周病リスクの高い年代のいまだからこそ、正しい知識と予防習慣を身につけることが大切です。

  9. 身体のこれから

    できることなら長生きしたい!100歳まで生きる秘訣とは?

    長寿の方を見てみると、生活習慣病にならないことや、筋力を低下させないことなどが大切であることがわかります。毎日の生活を大切にして、元気な100歳を目指しましょう。

  10. 身体のこれから

    風邪薬で眠くなるのは困る! 休めない方のための薬の選び方

    市販の風邪薬に含まれる成分のうち、鼻水などに効果が期待できる抗ヒスタミン剤は、眠気の副作用を起こしやすい成分です。症状が長引く場合・高熱がある場合は医療機関の受診をし、眠気が出ると困る場合には、受診時に医師に伝えましょう。

  11. 身体のこれから

    要介護に至る原因にも......サルコペニアを予防しましょう

    サルコペニアとは、加齢などによって筋肉量が減ってしまい、全身の筋力低下や運動機能の低下などが起きている状態のことを指す言葉です。こまめに運動をしたり、タンパク質を積極的に取り入れたりして、サルコペニアを予防していきましょう。

  12. 身体のこれから

    早期治療で関節リウマチをコントロールするために重要なこと

    関節リウマチは自分のからだが関節を破壊する自己免疫疾患のひとつです。治療によって完全になくすことも難しく、薬を長期にわたって飲み続けることも少なくありません。症状から関節リウマチを疑ったらまずは早めの病院への相談を。

  13. 50代から気をつける病気。予防・対策

    放置すると怖い! 慢性腎不全の症状と対策

    一度失われた腎臓の働きを回復させることは難しく、命に関わることもある慢性腎不全。そんな慢性腎不全を予防するカギは生活習慣にあります。「生活習慣の見直し」「定期検診」で病気の予防・早期発見をしましょう。

  14. 身体のこれから

    大人の不調にアプローチ おうちでヨガ

    肩こりを解消するには胸の筋肉の柔軟性と肩甲骨の可動域をアップすることが重要です。こまめなストレッチや正しい姿勢を心がけるなど、日ごろの生活習慣でもつらい肩こりを和らげていきましょう。

  15. 身体のこれから

    若い時と同じではダメ!50代から食事を変えよう

    体重が気になるからと、カロリーを減らすことよりも栄養素をどう取るか、食事内容のバランスは取れているか、ということの方が重要です。50歳からは積極的にタンパク質をとり、健康的なカロリー摂取を心がけましょう。

  16. 身体のこれから

    放っておくと大病の原因に! 意外と怖い「脂質異常症」とは?

    脂質異常症とは、血液中の脂肪分が増えすぎた状態で、動脈硬化を引き起こす最大の要因とも言われています。健康診断で「脂質異常症」と指摘された方は、その日から対策を始めましょう。

  17. 身体のこれから

    歯科医が徹底解説。50代からでも歯列矯正できる?

    歯並びは、歯科で歯列矯正治療を受けることで改善できます。歯と骨の状態やその他問題がなければ、50代での歯列矯正は可能です。歯と口の健康の向上だけでなく、こころの豊かさにもつながるので早めに歯科医院に相談することをおすすめします。

  18. 身体のこれから

    市販薬と処方薬は何が違う? 市販薬を利用する際の注意点を解説

    市販薬と処方薬の効能効果の違いのほか、市販薬を使う際に注意すべき点、そしてどのような場合に病院などを受診すべきかについてしっかり学び、お薬と上手に付き合っていきましょう。

  19. 身体のこれから

    話題の「発酵美容」で肌もからだもピカピカに〜エイジングケアも実感

    発酵美容とは、「発酵」の力をスキンケアや食品・サプリメントなどを通して取り入れる美容法のこと。日頃より、本当に自分に合うもの、自分を助けてくれるものを、見つけ出しておくことが大切なのかもしれません。

  20. 身体のこれから

    胃潰瘍や胃がんの原因!? ピロリ菌は除菌すべき?

    ピロリ菌に感染しても、必ず病気を発症するわけではありませんが、感染した人の多くに胃の不調が起きます。そのため感染が認められたら除菌することが推奨されています。ピロリ菌の検査は呼気を使った検査なら気軽にできるので、健康維持のために一度検査をしてみてはいかがでしょう。