備えること

  1. お金・資産のこれから

    医療保険の選び方は? 老後の必要額までFPが解説します

    医療保険は健康状態と年齢により保険料が設定されており、健康状態が悪化した場合には、医療保険に加入できない、または保険料が通常より高くなるおそれがあります。健康な若いうちに加入しておくと、保険料負担が安く済みます。老後の医療保険料の負担を減らしたいなら、なるべく早く加入を検討するとよいでしょう。

  2. お金・資産のこれから

    万が一への備えとして 離婚で家の財産分与はどうなる? 税金や住宅ローンは? 

    離婚は現代の日本では珍しいことではなく、いつ自分の身に起こらないとも限りません。いままでの結婚生活で築き上げた財産の処理などが深く絡んでくる場合には、あらゆるリスクに対処する必要があることを踏まえ、慎重に対応していく必要があります。

  3. お金・資産のこれから

    今すぐ取りかかりたい「資産整理」 デジタル資産も忘れずに

    相続税の問題や親族間のトラブルはないとしても、故人の資産の把握をするだけで家族に大きな負担がかかるケースが増えているようです。資産の確認と整理はいつでも思い立ったときに、定期的にやっていくのがおすすめです。

  4. お金・資産のこれから

    平均貸与額や返済期間は? 大学進学で奨学金を借りるときの注意点

    奨学金は、申し込み時期が決まっているものがほとんどです。説明会に出席することが申込条件になっている場合もありますので、少しでも検討している場合は、不備が起こらないようしっかり調べて準備をしましょう。無理のない範囲で貸与を受け、大学卒業後の人生の大きな負担とならないよう未来を見据えることも大事です。

  5. お金・資産のこれから

    「在職老齢年金」とは 老後の資産設計のためのルールと仕組みを知っておきましょう

    働くことは、収入面はもちろん社会との関わりを持てる、心身的にも健康的でいられるなど、大きなメリットがあります。改正される在職老齢年金で、給料セーブを考えず、「働きがい」を感じられるようになるといいですね。

  6. お金・資産のこれから

    共稼ぎ夫婦の住宅購入 ローンの組み方のおすすめは?

    夫婦で協力し合って住宅ローンを返済するというのは、共同でローンを組むことに限られません。組んだローンを無理なく返済できるように夫婦で家計を支え合うのが「協力し合って住宅ローンを返済する」ということでしょう。

  7. お金・資産のこれから

    定年退職でも失業保険をもらえる? 知っておきたい雇用保険の給付

    雇用保険制度は、離職したときに給付金を受け取れる制度です。定年退職も失業に含まれ、条件を満たしていれば基本手当をもらえます。しかし、いつ辞め、どの給付をもらうかを考える場合には、再就職プランもしっかり検討してから退職準備をするようにしましょう。

  8. お金・資産のこれから

    万が一のために知っておきたい 現役世代でも受け取れる「障害年金」の仕組み

    「障害年金」は、病気やケガで障害を負い、生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の人も含めて受け取ることができる年金です。いつ、どんな病気に罹患してしまうかわからない時代では障害年金の基礎知識を学んでおきましょう。

  9. お金・資産のこれから

    高齢で物忘れがすすむ親の資産管理、どう考える? 特殊詐欺対策は?

    高齢の親の金銭トラブルを避けるため、何より大切なのは本人と家族で常にコンタクトを取り、お金の動きの状況を見える化しておくことだと筆者は考えます。親の意見も尊重しつつ、最近の社会の状況などに関する情報を伝えてあげるのもいいでしょう。

  10. お金・資産のこれから

    相続財産が「家」しかない 相続税の支払いや遺産分割のためには売るしかないのか

    遺産相続対策では、どの財産を誰に受け継がせるかだけでなく、相続税についても理解を深めておくと良いでしょう。そして円満な相続を目指すためには、生前のうちに自宅以外の資産を作っておくことが重要です。不安があれば、税理士やファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談するのもおすすめです。

  11. お金・資産のこれから

    大切な家を守るための地震保険、加入すべき? 保険料の負担とリスクの考え方

    地震保険に入るべきかどうかは状況によって異なりますが、大切なマイホームを守るうえで、地震保険について理解を深めておくことが大切です。仕組みや、メリット・デメリットを知ったうえで、あなたにとって地震保険が必要かどうかをぜひ考えてみましょう。

  12. お金・資産のこれから

    「配偶者居住権」とは? 40年ぶりに改正・新設された相続のルールを詳しく解説

    配偶者居住権、配偶者短期居住権が新設され、配偶者が住みなれた家を手放さずに住み続けられる可能性が広がりました。ただし、利用するには細かい条件があります。設定を検討する場合は、弁護士など専門家に相談するとよいでしょう。

  13. お金・資産のこれから

    定年退職後の健康保険はどうなる? 任意継続や被扶養者など違いを解説

    会社で健康保険に加入している人は、定年退職後はそこから外れることになります。老後資金設計と同様に、定年後の医療保険も夫婦共同で最善の方法を選択することが、老後のより良い生活につながることでしょう。

  14. お金・資産のこれから

    老後資金に退職金を当てにするなら知っておきたい税金の話

    退職金をどのように受け取るのが有利かは、状況によって異なります。まずは退職金の見込額を把握し、勤続年数から退職所得控除額を計算することから始めましょう。

  15. お金・資産のこれから

    民間の介護保険には加入すべき? 公的介護保険との違いと老後準備の考え方とは

    万一に備える保険は、そのリスクが「絶対」ではないだけに加入すべきかどうか悩ましいものです。世帯の経済状況とともに、さまざまな介護保険商品をしっかり確認しながら、最善の備えを検討しましょう。

  16. お金・資産のこれから

    学資保険のメリット・デメリットは?教育費をより効率的に準備する方法

    学資保険は強制的に教育費を準備できるのがメリットですが、金利低下の影響を受けてお金が増えにくくなっています。お金を増やしながら教育費を準備したいのなら、「金融商品+掛け捨ての保険」という新しい選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

  17. お金・資産のこれから

    在宅介護で必要となる費用とは~家族が知っておきたい費用の実例

    在宅介護はいつまで続くか分からないことから、経済的な問題がストレスとなることがあります。ストレスを最小限に抑えるためには、在宅介護に必要な金額を知り、適切なサービスを利用することが大事です。

  18. お金・資産のこれから

    お金がかかる子育て世代が考えたい節約術 賢い保険見直しの方法とは

    子育て中の40代は人生のなかでも一番お金がかかる頃合いです。見直しというと保険料を抑えることに意識が行きがちですが、いま必要となる保障に加え、将来的にライフフプランのなかで必要となるお金などもイメージしながら上手に見直しをしていってください。

  19. お金・資産のこれから

    総返済額で100万円の差がつくことも! 住宅ローンの借り方・借り換えを研究してみよう

    住宅ローンを利用する場合、金利タイプの選択は重要なポイントになります。将来の金利上昇が不安であれば「固定金利」、金利の低さを重視したい場合は「変動金利」を選ぶとよいでしょう。ただ、住宅ローンの金利タイプ・返済方法に正解はないので、無理なく返済できるように自分にあったものを選ぶことが大切です。

  20. お金・資産のこれから

    投資信託や株式投資は怖くない? 40代から始める資産形成の考え方とは

    資産形成が必要だとわかっていながらリスクを恐れ、投資に二の足を踏む人は少なくありません。しかし、預貯金ではほぼリターンを得られない状態。リスクが低めの投資信託などから投資にトライし、知識を広げながら資産形成していってみてはいかがでしょうか。