記事一覧

  1. 住まいのこれから

    木造住宅の耐用年数や減価償却期間は? 長く住める"木の家"に注目してみよう

    木の家に長く住み続けるには「木の乾燥」と「住宅のメンテナンス」が重要です。自然の恵みを材料として用いるぶん、温かみのある空間が魅力です。その良さを楽しみながら世代をまたがって長く住み続けられるよう、ぜひともお住まいを大切にしてください。

  2. 50代から気をつける病気。予防・対策

    災害時には命に関わる緊急事態!「飲んでいる薬が分からない」を防ぐには

    災害の発生直後は、津波や火災などの二次災害が発生する危険性もあるので、自宅に薬を取りに戻ることができるとは限りません。避難先でスムーズに薬を入手するためには、使用している薬の正確な情報が必要です。毎日使用している薬がある場合は、いつ起こるか分からない災害に備え、薬の最新情報を用意・携帯するようにしましょう。

  3. 住まいのこれから

    リフォームで実現したい快適な住まい 蓄熱を活かした「省エネ住宅」の作り方

    断熱リフォームだけでも室温を一定化する効果がありますが、蓄熱建材を使用したリフォームを付加することで、より温度にムラのない快適な住まいが実現できます。からだにやさしい断熱リフォームで、いつまでも元気に暮らせるマイホームを実現し、快適な毎日を過ごしましょう。

  4. 住まいのこれから

    補助金と減税で経済的なメリットも 解説「長期優良住宅」

    長期優良住宅は何世代にもわたって住み続けられるように、構造躯体や耐震性、維持管理のしやすさなどの点で厳しい認定基準をクリアした住宅です。住宅を新築・増改築する予定のある方は、国の補助金制度や減税制度を活用し、メリットも性能も高い住まいにすることをぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

  5. 夫婦のこれから

    認知症防止に効果あり? 親に勧めたい脳トレゲームと効果を上げるポイント

    老後が近づき、「認知症になってしまったらどうしよう」と、漠然と恐怖を抱いている方は少なくないでしょう。ですが、脳トレをはじめ、さまざまな方法で脳がよりよく機能し続けるよう働きかけていくことは可能です。第二の人生をより豊かなものにするために、ぜひ自分に合った方法で認知症防止に積極的に取り組んでいきましょう。

  6. 住まいのこれから

    電気代を安くする方法は? 省エネ家電で、便利かつ快適に節約を楽しもう

    現在使っている家電がそろそろ買い換え時かもという場合、あるいはリフォームにともない家電の一新を考えている場合には、省エネ家電を選んで電気代を節約したいものです。それぞれの家電の消費電力を把握したうえでの家電の買い替え、電気料金の見直しが、光熱費の節約につながります。

  7. 身体のこれから

    自律神経失調症が女性に多い理由とは? 不調の克服と快適な生活に向けた対策

    自律神経失調症は男女関係なく発症しますが、一般的に女性に多く見られるトラブルとして知られています。「何となく感じる不調」には、必ず原因があります。頭が重い、だるい、疲れやすいなど、日々の忙しさからつい後回しにしがちな症状であっても、からだが発するSOSだと考えてしっかりと向き合うことが大切です。

  8. 住まいのこれから

    戸建てをフルリフォーム 費用は? メリットは? 事例を交え解説します

    フルリフォームとは、柱や梁などの構造体だけを残したうえで間仕切りや外壁、サッシなどを全面撤去して行うリフォームのことであり、「スケルトンリフォーム」とも呼ばれています。建て替えか、リフォームか。その判断基準はさまざまですが、じっくり比較検討し、納得のいく住まいが実現できるとよいですね。

  9. 夫婦のこれから

    老後の選択肢のひとつ「グループホーム」 入居条件や費用、選び方のポイントを紹介します

    グループホームとは、認知症の高齢者が少人数で共同生活を送る小規模な介護施設で、対応に慣れた職員が多数いるため、認知症の方が安全かつリラックスして暮らせる点が魅力といえるでしょう。メリットとデメリットをしっかり確認し、ご家族でよく話し合うことはもちろん、主治医やケアマネジャーとも相談しながら入居を検討していきましょう。

  10. 夫婦のこれから

    不登校は本当に甘え? 原因と対処法を小中高生別に精神科医が解説

    不登校は、かつて「学校恐怖症」「学校嫌い」などと表現されることもありましたが、現在は「学校に定期的に通えない状態」を指す言葉になりました。不登校問題には家族の団結が必要です。親として取るべき態度は、あくまでも「その子自身を拒否しない」ことに尽きます。ぜひ本人を受け入れるところから始めましょう。

  11. 身体のこれから

    薬で痩せてもいい時代になった!?

    GLP-1とは、もともと私たちの体にあるホルモンで、血糖値を下げる働きがあり脳の食欲中枢に働きかけて食欲を抑える、「食欲抑制ホルモン」です。GLP-1ダイエットの成功率は9割です。もし肥満で悩んでいたり、ダイエットをしてきたけれどなかなか痩せないなど、原料に関するお悩みをお持ちの方は、まずはお気軽に問い合わせください。

  12. 住まいのこれから

    暖房リフォームにはたくさんの選択肢が。専門家が徹底解説します

    暖房リフォームの種類と費用感を知ると、ご自宅に合った工事方法の選択に役立ちます。地域の特徴や現時点の住まいの断熱状況を把握しながら、予算にあった納得のいく暖房リフォームができるといいですね。

  13. 身体のこれから

    目元のくま対策に有効なメイクは? 原因を知って正しいケアをしましょう

    くまにはさまざまなタイプがあり、加齢や生活習慣が主な原因です。睡眠・食事・運動などの生活習慣を基本に、くまの原因に応じたスキンケア用品でお肌を労りながらケアをするように心がけましょう。

  14. 身体のこれから

    本当に怖い「睡眠負債」 寝不足が与える影響と解消方法

    睡眠負債とは、一時の睡眠不足と異なり、知らず知らずのうちに睡眠不足が重なり蓄積されることをいいます。睡眠負債を解消するためには、毎日の睡眠習慣が大切です。どうしても睡眠がとれないときは日中や休日に補い、心身の健康維持につなげましょう。

  15. 住まいのこれから

    ホルムアルデヒドだけじゃない! シックハウス症候群を防いで快適な住環境をつくりましょう

    室内の汚染された空気を吸うことで、体調不良を引き起こすことを「シックハウス症候群」と言います。シックハウス症候群を防ぐには、新築やリフォームの際に安全な材料を選ぶことが必要です。最近ではからだにやさしい建材も開発されているので、施工の際には専門業者と入念に打ち合わせすることをおすすめします。

  16. 夫婦のこれから

    親がアルツハイマーから「物盗られ妄想」に 介護家族が身につけるべき対処法とは

    実際には盗まれていないものを、本人が「盗まれた」「奪われた」と思い込んでしまう症状を「物盗られ妄想」といいます。家族間の揉めごとの原因にもなりかねず、非常に厄介なものだといえます。ひとりで抱え込まずに専門家のアドバイスを受け、必要があれば適切な治療や支援を受けて、物盗られ妄想による悩みやトラブルを取り除いていきましょう。

  17. お金・資産のこれから

    借金・自己破産はキャリアに悪影響が出ることも リボ払いの利用は計画的に

    クレジットカードで買い物をするときは、1回払いを基本にすると良いでしょう。手元にお金がないときにどうしても必要なものがある場合は、手数料がかからない「ボーナス1回払い」を利用するようにして、リボ払いは避けるというのもひとつの考え方です。

  18. 50代から気をつける病気。予防・対策

    高齢者は特に要注意! 庭仕事などでかかるマダニ媒介感染症の怖さとは?

    マダニは一年を通して活動していますが、気温の高くなる春から秋にかけてもっとも活動的になり、それにともないマダニ被害の報告も多くなります。野外活動時の服装や活動範囲、万が一咬まれた際の対処法を理解し、しっかりと対策をとることが大切です。

Ranking