住まいの実態調査  住まいに関する不満と対処法

2019年版・住まいの実態調査【山形県編】 住まいに関する具体的な不満とその対処法

住まい研究所

日本百名山に数えられる美しい山々に囲まれ、最上川が流れる山形県。山々に囲まれているため盆地が多いこの地域に住んでいる方々は、住まいに関してどのような不満を抱えているのでしょうか。

「あなたは自分の住まいに不満をもっていますか?」そう聞かれた時、あなたはどんな風に答えるでしょうか。

日本百名山に数えられる美しい山々に囲まれ、最上川が流れる山形県。山々に囲まれているため盆地が多いこの地域に住んでいる方々は、住まいに関してどのような不満を抱えているのでしょうか。

そこで、当社は山形県に住んでいる30~60代の世帯主の男女を対象に、住まいに関する不満に関するアンケートを実施しました。その結果や全国で実施したアンケート結果を比較してわかったこと、住宅の不満解消のためのリフォーム事例などをご紹介します。

1.山形県の住まいに関する不満

まずは、山形県の住まいに関する不満を全国の結果と比較しながら見ていきましょう。

1-1.住まいに関する不満

まずは、山形県在住の方に「住まいに関する不満はありますか?」と質問した結果です。

非常に不満:12.1%
多少不満:38.3%

合計すると、住まいに不満のある方は、50.4%となりました。

次に、全国を対象としたデータを見てみましょう。平成25年に国土交通省が全国に対して実施した「住生活総合調査結果」の「住宅及び居住環境に対する総合的な評価」の結果です。

非常に不満:3.3%
多少不満:18.8%

合計すると、22.1%となっています。

実施した時期は違いますが、全国と比較すると山形県在住の方の住まいに対する不満は倍以上という結果となりました。

1-2.住まいに関する具体的な不満

次は具体的な不満を見ていきましょう。

山形県在住の方に「住まいに関する具体的な不満は何ですか?」と質問した結果です。

1位:冷暖房などの省エネルギー性(42.6%)
2位:台所、トイレ、浴室などの使いやすさ、広さ(40.7%)
3位:住宅の広さや間取り(40.7%)

一方、全国の「住宅の個別要素に対する不満率」のアンケート結果です。

1位:高齢者への配慮(53.5%)
2位:地震時の住宅の安全性(48.6%)
3位:冷暖房などの省エネルギー性(46.7%)

次いで「住宅のいたみの少なさ」「住宅の断熱性や気密性」「住宅の防犯性」となっています。

全国では安全性や快適に生活するための項目が上位を占めていますが、山形県では間取りや収納、水まわりなどに関する項目が上位を占める結果となりました。

2.山形県在住の方の住まいの不満とは

全国調査と比較して、山形県では「冷暖房などの省エネルギー性」「台所、トイレ、浴室などの使いやすさ、広さ」「住宅の広さや間取り」の3つが特有の不満として挙がっていることがわかりました。

まず、「冷暖房などの省エネルギー性」の不満率が高いことに関しては、山形県の気候が大きな影響を与えていると考えられます。

山形県のような寒冷地では、住戸内(室温)の寒暖差により、急激な血圧上昇(ヒートショック)が起こる確率が高く、県内のヒートショックによる死亡者数は、交通事故での死亡者よりも多いとされています。

しかし、断熱材の追加など住宅本体の省エネ化は、同じく寒冷地である北海道や青森県などと比べるとなかなか進んでいない現状があります。断熱などが施されていない場合、暖房を入れてもすぐには部屋全体が暖まらずエネルギー効率が悪くなるため、不満が高くなっているものと推測できます。

また、「住宅の広さや間取り」については、山形県は戸建ての持ち家は、平均の敷地面積が約427㎡、一住宅当たりの延べ床面積は141㎡を超え、全国第 3 位の広さとなっていることから、広さに対する不満というよりは間取りに対する不満が大きいことが推測できます。

実は、この間取りの不満は、「台所、トイレ、浴室などの使いやすさ、広さ」の不満率の高さと密接な関係があります。

山形県によると、2015年度の県の持ち家の着工戸数は 2991戸で、1996年度の7352戸に比べ約4割に減少しています。これは住宅の新設が年々減少していることを意味していて、老朽化した住宅の方が多いことの現れとも考えられます。

一般的に、20年も経てばライフスタイルは大きく様変わりするものです。例えば、子育てがひと段落したり、介護の問題が出てきたりすることが考えられます。

時代が変わるごとに住宅の設備や構造は様変わりするものです。設備は年々使いやすくなっていくため、築年数が経過した家の収納やトイレなど設備は使いづらく感じ、不満が顕在化しているのではないでしょうか。

3.不満を解消した山形県のリフォーム事例

リフォーム・リノベーションは、住まいの不満を解消するための1つの方法です。

住まいの不満を解消して住みやすい住まいに変えたケースとして、山形県のリフォーム事例を紹介します。

【山形県 T邸】

築年数35年の戸建て住宅でしたが、水まわり(キッチン、トイレ)、居間(リビング・ダイニング、洋室(寝室・子供部屋))、外まわり(外壁、外構(庭)・バルコニー・エクステリア)、その他(玄関・ホール、収納)をリフォームした事例です。

このように、築年数が古くても住みやすい住まいに変えることができます。

4.住まいの不満をリフォーム・リノベーションで解消

リフォームには、台所・トイレ・浴室などの水まわり、玄関の収納など、気になる部分だけを行うものから、間取りなどを変更する大々的なものまで様々です。

予算や目的に応じて適切なリフォームを行うことで住まいの不満を解消することができます。

また、間取りの変更や断熱性・気密性を高めるためには、大掛かりなリフォームが必要になります。目的を整理し十分な下調べをした上で、将来を見据えたリフォームをするようにしましょう。

5.まとめ

今回は、全国と比較しながら山形県特有の住まいの不満とそうした不満を解消したリフォーム事例を紹介しました。

山形県特有の冬季の厳しい寒さに住宅が対応できず、快適性についての大きな不満が顕在化していることがわかりました。

また、アンケート結果からは、県内で持ち家などの新設着工数が伸び悩み、未だ多く残る築年数が古い住宅も現代のライフスタイルやライフステージの変化に対応できていないといった理由もあり、間取りや水まわりなどの不満も多くなってきるようです。

リフォーム事例のように、現在の住まいに不満を抱えている方は、リフォーム・リノベーションが不満を解消する1つの方法です。もし住まいに不満があったら、リフォーム・リノベーションを考えてみてはいかがでしょうか。

参考サイト

参考サイト1:ライフルホームズ『【間取り探偵⑫】20年の間に微妙に変化していた!「ちびまるこちゃん」さくら家』
https://www.homes.co.jp/cont/living/living_00246/

参考サイト2:ライフルホームズ『【間取り探偵・あの家の間取りを大推理!】サザエさんちの5年後はどうなっている?』
https://www.homes.co.jp/cont/living/living_00190/

参照サイト

国土交通省“平成25年住生活総合調査結果”[① 住宅及び居住環境に対する総合的な評価(p.29)]の一部を抜粋.国土交通省.2015.9.30.
http://www.mlit.go.jp/common/001104812.pdf、(参照2019-03-25).

山形県“山形県住生活基本計画”[②ゆとりのある住宅(p.4)]の一部を抜粋.山形県.2017.3
https://www.pref.yamagata.jp/ou/kendoseibi/180025/kikaku/data/H28revision/H28juutakuplan_01.pdf、(参照2019-05-17).