50代から気をつける病気。予防・対策

50代から気を付けたい病気について、対策や予防方法を解説します。

  1. 50代から気をつける病気。予防・対策

    年をとると手が震えるのはなぜ? 高齢者に多い「振戦」の原因と対処法

    手の震えを年のせいと考えてしまう方は意外と多いのですが、加齢だけが原因ではなく、病気や普段飲んでいる薬の副作用などが考えられます。対処するためには、まずは原因を知ることが大切です。震えの原因によって適切な診療科に紹介してもらうようにしましょう。

  2. 50代から気をつける病気。予防・対策

    災害時には命に関わる緊急事態!「飲んでいる薬が分からない」を防ぐには

    災害の発生直後は、津波や火災などの二次災害が発生する危険性もあるので、自宅に薬を取りに戻ることができるとは限りません。避難先でスムーズに薬を入手するためには、使用している薬の正確な情報が必要です。毎日使用している薬がある場合は、いつ起こるか分からない災害に備え、薬の最新情報を用意・携帯するようにしましょう。

  3. 50代から気をつける病気。予防・対策

    高齢者は特に要注意! 庭仕事などでかかるマダニ媒介感染症の怖さとは?

    マダニは一年を通して活動していますが、気温の高くなる春から秋にかけてもっとも活動的になり、それにともないマダニ被害の報告も多くなります。野外活動時の服装や活動範囲、万が一咬まれた際の対処法を理解し、しっかりと対策をとることが大切です。

  4. 50代から気をつける病気。予防・対策

    「最近ごはんがおいしくない」と感じたら要注意! 高齢者に多い味覚障害とは?

    味覚障害は加齢によって現れやすい症状ではありますが、食事が楽しめないだけでなく病気の心配もあるなど、決して軽視できない問題です。味覚の変化を感じたり、家族から味付けの変化を指摘されたりしたら、味覚異常を疑い、医療機関に相談するようにしましょう。

  5. 50代から気をつける病気。予防・対策

    自粛生活や災害時に気をつけたい「生活不活発病」とは?

    「生活不活発病」とは、その名のとおり「動かない」状態が続くことで生じる症状です。生活不活発病を予防し、症状を改善するためには、活発な生活を行うことが欠かせません。新しい生活様式を意識しつつ、日々の生活を楽しみながら活動量を増やすようにしましょう。

  6. 50代から気をつける病気。予防・対策

    突然死の原因として多い「虚血性心疾患」 生活習慣を改善し上手に予防しよう

    狭心症や心筋梗塞に代表される虚血性心疾患は、生活習慣病のひとつです。普段から規則的でストレスを溜めない生活を心がけ、健康状態を良好に維持するようにしましょう。万が一感じたことのない胸の痛みや、普段とは違う息苦しさ・動悸などの違和感を覚えたら、早めに医療機関を受診するようにしてください。

  7. 50代から気をつける病気。予防・対策

    熱中症対策を忘れずに! シニア世代は特に注意したい「新しい生活様式」と健康管理

    感染対策も視野に入れた今年の熱中症対策は、従来の暑さ対策・水分補給に加え、マスク着用時は熱がこもらないように注意することを忘れないようにしましょう。熱中症が重症化しやすいシニア世代においては、まずは予防をこころがけ、初期の段階で早めに気付き、対処することが何よりも重要です。

  8. 50代から気をつける病気。予防・対策

    大きいほくろ、盛り上がりのあるほくろは悪性? ガンとの違いと見分け方を薬剤師が解説

    メラノーマは、早期発見できれば手術で除去できるがんです。年に1度は全身をチェックして、メラノーマの早期発見に努めましょう。

  9. 50代から気をつける病気。予防・対策

    排尿の悩みは前立腺肥大症が原因? 症状や治療法、生活上の注意点

    前立腺肥大症は、年齢を重ねるにつれて発症する人が多い病気で、生活習慣病との関係も指摘されています。病状を悪化させないためには、治療と並行して生活習慣を整えることも大切です。

  10. 50代から気をつける病気。予防・対策

    メタボの人は要注意! 甘く見ると大変なことになる脂肪肝の経過と健康対策について

    メタボは、別名「内臓脂肪症候群」と言われ、さまざまな病気を引き起こすと言われています。なかでも、「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓の病気につながる可能性が高いので、今のうちからバランスの良い食生活や運動など健康管理に気を付けていきましょう。

  11. 50代から気をつける病気。予防・対策

    夏は脳梗塞に要注意! 初期症状と予防について正しく知り暑さを乗り切ろう

    脳卒中(脳血管障害)は日本人の主な死亡原因のひとつです。血圧が高くなる冬の病気と思われがちですが、脳卒中の多くを占める脳梗塞は夏に発症することが多いという報告があります。それは、水分不足にともなう脱水が関係していると考えられています。できれば時間を決めて、確実に水分をとるように心がけましょう。

  12. 50代から気をつける病気。予防・対策

    外科医が伝える、初めての入院・手術を安心して過ごすための心構え

    実際に手術を受ける立場となったら、病院でどんなに説明されても、きっと不安を感じてしまうことでしょう。その不安を少しでも軽くするため、色々なことを話し合える、あなただけの主治医を見つけてください。

  13. 50代から気をつける病気。予防・対策

    死亡原因ともなる誤嚥性肺炎! 高齢者の健康を守るため日常生活でできる対策を知ろう

    誤嚥性肺炎は、高齢になるほど悪化・再発しやすい病気です。最悪の事態を回避するためには、食べたり、飲み込んだりする力の低下に気づくこと、早めに治療を開始することが重要です。食べる力、飲み込む力を維持し、誤嚥予防に取り組みましょう。

  14. 50代から気をつける病気。予防・対策

    抗がん剤治療中も仕事は可能? 収入を守りながら前向きに生きるためには

    がんは怖い病気というイメージがあるかもしれませんが、医療の進歩により、抗がん剤をしながら仕事を続けられる時代になりました。まずは、就業規則や公的制度を調べ、いざというときはある程度の保障も頼りにしつつ、家族やがん患者会など周囲のサポートも受けながら、自分らしい生活を実現しましょう。

  15. 50代から気をつける病気。予防・対策

    更年期以降の女性は要注意!? 女性ホルモンと生活習慣病の関係とは

    女性ホルモンの分泌が乏しくなる更年期以降に、生活習慣病や骨粗しょう症などのリスクを減らすためには、食事や運動に注意することが大切です。急激なダイエットや負荷の強い運動といった無理を避け、長期的な視点で生活習慣の改善を目指しましょう。

  16. 50代から気をつける病気。予防・対策

    感染症からからだを守るために免疫力を高めよう 健康維持に役立つ生活習慣とは

    免疫は、年齢・病気・治療に使われる薬・喫煙・過度の飲酒など、さまざまな要因で低下します。そのなかで、自分自身で変えられるのが生活習慣です。これまでの生活習慣を振り返り、改善できそうなところから少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか。

  17. 50代から気をつける病気。予防・対策

    動脈硬化に心筋梗塞......怖い病気を予防するために大事な「血管年齢」の考え方とは

    血管年齢とは、簡単にいうと「血管のしなやかさ・軟らかさ」のことです。血管年齢が高いと、脳や心臓の病気で命を落としたり、からだの自由が利かなくなったりします。生活習慣病や喫煙などに対する対策をして血管年齢を若く保ちましょう。

  18. 50代から気をつける病気。予防・対策

    スマホ依存症に要注意! 長時間の使用が親子にもたらす健康被害とは

    スマホは手軽で便利なツールではあるものの、使い過ぎによる健康被害が気になります。子どもをスマホ依存症から守るためには、大人である私たちがスマホと上手に付き合う方法を理解し、子どもたちの模範となる必要があるでしょう。

  19. 50代から気をつける病気。予防・対策

    肺気腫は治らない? タバコとの関係と予防に向けた対策

    肺気腫は治癒しない病気ではありますが、早期に治療すれば症状を緩和できます。少しでも長く健康に過ごすため、現在タバコを吸っている人は禁煙するようにしましょう。難しければ、禁煙外来を利用するのも1つの方法です。

  20. 50代から気をつける病気。予防・対策

    50代以降のシニアを襲う怖い病気 帯状疱疹に要注意!

    帯状疱疹は、80歳までに3人に1人がかかるといわれる感染症で、年齢が高くなるほどかかりやすく、重症化する傾向にあります。帯状疱疹の予防には、ワクチンの接種が非常に有効です。同時に疲れやストレスを溜めない生活を心がけ、帯状疱疹になりにくいからだづくりを目指しましょう。