ビジネスパーソンのライフハック

ストレスフリーな新しい働き方「ワーケーション」 その内容と取り組みを紹介します

夫婦のこれから

ワーケーションとは、Work(仕事)とVacation(休暇)を組み合わせた造語です。テレワーク等を活用し、リゾート地や温泉地など、職場以外の場所で仕事をする新しい働き方として注目されています。お勤め先の事情が許すのであれば、非日常な場所を仕事場とすることは、リフレッシュにつながり、帰宅後の生活にもメリハリが生まれてきそうですね。

【執筆者】矢口ミカ

コロナを境に、日本ではテレワークなど多様な働き方がずいぶん浸透しました。こうした動きを踏まえ観光庁では、ワーケーションなど仕事と休暇を組み合わせた滞在型旅行を「新たな旅のスタイル」と位置付けて普及を促進しています。

今回は新しい働き方である「ワーケーション」について、その内容や企業事例をご紹介します。これを機会に、あなたもワーケーションを取り入れてみませんか。

ワーケーションとは

ワーケーションとは、Work(仕事)とVacation(休暇)を組み合わせた造語です。テレワーク等を活用し、リゾート地や温泉地など、職場以外の場所で仕事をする新しい働き方として注目されています。

仕事のスタイルは「休暇主体」と「仕事主体」があり、観光地で休暇を楽しみながら仕事ができるのがメリットです。なお、ワーケーションに似たワークスタイルを表す言葉に、Business(ビジネス)とLeisure(レジャー)を組み合わせた「ブレジャー」というものがあります。これは出張等の際に、その地での滞在を伸ばして余暇を楽しむ働き方です。ブレジャーは仕事をメインとしながらその前後に休暇を楽しむ「業務型」のスタイルであり、休暇先で一定の日数・時間を業務に割り当てるワーケーションとは、異なる形態の働き方です。

国土交通省 観光庁「新たな旅のスタイル ワーケーション&ブレジャー|ワーケーション・ブレジャーの導入・推進による効果と企業経営」より転載

ワーケーションは企業や従業員の成長、地域の活性化を促すなど、さまざまなメリットがあります。
企業側はワーケーションを導入することで、従業員の帰属意識が向上し、人材の流出を防げる効果を見込んでいます。従業員にとっても、リフレッシュ効果によりストレスが軽減する、働き方の選択肢が増えるというメリットを享受できます。また、ワーケーションで平日の旅行需要が生まれれば、地域の活性化にもつながると期待されています。

国土交通省 観光庁「新たな旅のスタイル ワーケーション&ブレジャー|P4 ワーケーション・ブレジャー導入のメリット」より転載

ワーケーション受け入れ先自治体の事例【長野県駒ヶ根市】

新しい働き方、休暇の取り方ができるワーケーションは、多様で柔軟な働き方として広がろうとしています。ここでは、ワーケーション推進自治体のひとつ、長野県駒ヶ根市の事例を紹介します。

駒ヶ根市は、中央・南アルプスの美しい景観で知られる観光地です。中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイや早太郎温泉などが有名です。同市では、自治体がワーケーションの支援(ワーキングスペース、観光、体験などの案内・調整など)を実施しています。

ワーケーションの期間中は、駒ヶ根市ならではの体験(工場見学、農園見学)、観光(自然体験、温泉体験)が楽しめるそうです。

▼駒ヶ根市のワーケーション

実施日

ワーケーション内容

1日目

  • オリエンテーション&テレワーク
  • 温泉体験

2日目

  • 自然体験
  • テレワーク(ホテル、観光施設など)
  • 交流会

3日目

  • 野菜の収穫体験
  • テレワーク
  • 地元グルメを囲んだ夕食会

4日目

  • 解散式

長野県駒ヶ根市ウェブサイト「駒ヶ根でワーケーション」を参考に筆者作成

ワーケーション導入企業の事例

ことし、厚生労働省は「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」を定めました。これにより、いままで不透明だったワーケーション時の労務管理や労災、費用負担等が明確になり、労使ともに安心してワーケーションを導入できるベースが整備されつつあります。
ここでは、企業のワーケーション導入について解説します。

1.企業が導入する理由

観光庁の資料によると、企業がワーケーションを導入する理由は「従業員の心身のリフレッシュによる仕事の品質と効率の向上」「多様な働く環境の提供」の2点がもっとも多く、「優秀な人材の雇用確保」「優秀な新卒社員や若手社員の採用および定着率の向上」等、優秀な人材を集めたり流出を防いだりすることも目的としています。
ワーケーションは従業員のリフレッシュ効果に寄与する面もある一方、戦略的な人材マネジメントなど自社のビジネスに活かす取り組みへと発展させています。

国土交通省 観光庁「新たな旅のスタイル ワーケーション&ブレジャー|P5 企業のワーケーションの導入の目的と期待」より転載

2.ワーケーションを導入している企業

この資料には、ワーケーション導入企業への調査結果も掲載されています。

▼ワーケーション導入企業

企業名

実施の背景

効果

日本航空

有給休暇取得率の向上を目的に実施

働き方、休み方を自律的にマネジメントできる人材を育成

ユニリーバ・ジャパン

早くから働く場所や時間を自由に選べる「WAA(Work from Anywhere and Anytime)」を導入

働く場所の選択肢が広がり、地域への貢献もできる

日本マイクロソフト

日常と特別をひとつのルールに収め、いつでもどこでも活躍できるという制度設計

色々な場所で働け、色々な人とのコラボレーションが可能になる

観光庁「新たな旅のスタイル|導入企業事例:日本航空株式会社」「導入企業事例:ユニリーバ・ジャパン」「導入企業事例:日本マイクロソフト株式会社」を参考に筆者作成

また、ワーケーション導入企業各社が共同で行った実証実験では、ワーケーションが生産性・心身の健康にポジティブな効果があることも示唆されています。

まとめ

ワーケーションの実施により、それぞれのライフスタイルに合わせた多様な働き方が広がっています。
山、海、避暑地、温泉......日本には心身をリフレッシュできるたくさんの自然や観光資源があります。こうした場所を訪れ、オンとオフを切り替えながら毎日を過ごす――想像しただけでワクワクしてきませんか? 夫婦や家族そろって出かけ、一緒にテレワークというのもよさそうですし、専業主婦のご家庭なら、妻は夫が働いている時間を観光やアクティビティをして過ごし、後で合流ということもできそうですね。

お勤め先の事情が許すのであれば、普段の生活圏から離れ、非日常な場所を仕事場とすることは、リフレッシュにつながり、帰宅後の生活にもメリハリが生まれてきそうですね。

執筆者

矢口ミカ

フリーランスの不動産ライター・宅地建物取引士

複数のメディアで執筆中です。宅建の資格を活かし、家族が所有する投資用不動産の入居者管理もしています。住まいに関する資格である整理収納アドバイザー1級、福祉住環境コーディネーター2級も取得済みです。趣味は整理収納と料理。