幸せな”第三の生活”のために

介護のために知っておきたい 車イスでの外出の注意点と街のバリアフリー情報

夫婦のこれから

車イスは、地面にちょっとした凹凸があるだけでもスムーズな移動が難しく、介助なしでは進めないこともあります。困難やトラブルを避けるためにも、ぜひお住まいの地区やよく利用する施設のバリアフリー情報をしっかりリサーチしておきましょう。

【監修】渡辺 有美

在宅介護をしていると、車イスを利用する家族と一緒に外出をする機会があるかもしれません。しかし、車イスでの外出には、「安全に目的地までたどり着けるのか」「外出先で困ったことが起こらないか」と、気がかりな点がたくさんあるものです。

この記事では、車イスユーザーとその介護者がより安全に外出でき、目的地で少しでも快適に過ごせるよう、街の代表的なバリアフリー情報、車イスでの外出のポイントや注意点をご紹介します。

車イスでの外出......困るのはどんな点?

一般的に、車イスの外出では以下のような点に困る方が多いようです。

  • 建物の入り口などの段差
  • 歩道の段差
  • エレベーターの利用
  • トイレの利用
  • 電車、バス、タクシーの利用

車イスは、地面にちょっとした凹凸があるだけでもスムーズな移動が難しく、建物のエントランスに段差があると、介助なしでは進めないこともあります。

エレベーターやトイレも、車イスユーザーが安全に利用するには、専用の設備が必要です。街に出れば人も多く行き交っており、車イスの走行自体に気を遣う場面も多いでしょう。そのため、車イス利用の方やそのご家族にとって、外出はハード面のみならず心理的にも壁が高く、出かけるのをためらってしまう場合もあるのではないでしょうか。

ただ、近年は、公共施設や交通機関、商業施設などのバリアフリー化が進み、徐々に車イスでの外出のハードルが下がってきています。車イス利用の方ができるだけ快適に外出するには、まずはバリアフリー情報を正しく知ることが不可欠です。

街の代表的なバリアフリー

バリアフリーの取り組みとして、街では具体的にどのようなことがなされているのでしょう。この章では、施設や交通など、生活圏内の代表的なバリアフリーをご紹介します。

車イス用エレベーター

車イスに腰をかけたままでも押しやすい低い位置へのボタンの配置、安全のための手すり、周囲を確認するためのミラーの設置など、安全に利用できる工夫がされています。

多機能(多目的)トイレ

個室内での移動がスムーズにできるよう、広いスペースが取られており、便器に移乗するための手すりも設置されています。「身障者用トイレ」「車イス対応トイレ」「誰でもトイレ」などと呼ばれることも。
車イス利用者に限らず、オストメイトの方や歩行が不安定な高齢者など、通常のトイレの利用が困難な方が誰でも利用できるトイレです。

スロープの設置

最近は、公共施設をはじめ商業施設などでも階段とは別にスロープが設けられていることが多く、車イスのままスムーズに移動ができます。

ノンステップバス

乗降口からスロープが引き出せる「ノンステップバス」は、車イスに乗ったまま乗車できます。運転手に声をかけると、スロープの設置や昇降の介助をしてくれます。ただし、混雑している時や、すでに車イスの方が乗っている時は乗車できない場合もあるため、なるべく空いている時間帯に利用するのがおすすめです。

電車

車イスで電車に乗る場合、改札で駅員に申し出て降車駅を伝えると、駅構内の移動や乗り降り、到着駅での乗り降りの介助を受けることができます。

新幹線や特急列車には「車イス対応座席」を設けている列車があります。車イス対応座席は、車イスを固定できたり同じ車両に多機能トイレを備えていたりと、車イスユーザーが安心して利用できる配慮がされています。
JRを利用する場合は、事前に「おからだの不自由なお客様のサポートダイヤル」(0570-00-8989)に連絡をして、相談やサポートの依頼をしておくと安心です。

タクシー

タクシーは、家から目的地まで直接行くことができるため、移動中の困難や危険を回避できるメリットがあります。

車イスでタクシーに乗るには、移動が困難な人向けの「介護タクシー」はあります。利用する場合は、介護保険の対象になるケースもあるので、まずはケアマネジャーに相談してみましょう。

このほか、車イスに乗ったまま乗車できる「ユニバーサルデザインタクシー(UDタクシー)」を利用する方法もあります。料金は一般のタクシーと変わりません。車イスユーザーにとっては貴重な移動手段のひとつですので、必要に応じて利用を検討してみましょう。なお、普及は進んでいるものの、台数が限られているため、確実に乗るには事前の予約がおすすめです。

バリアフリー化は年々進んでいる

公共交通に関しては、ここ20年ほどでバリアフリー化が目覚ましい勢いで進んできました。特に旅客施設においては、平成30年度の段階で「段差の解消」が90.4%、「障害者用トイレの設営」が86.7%と、すでに広く普及していることがわかります(※)。
一方、車両のバリアフリー化は、「航空機」が98.2%、「鉄道」が73.2%と、普及率の高さが見受けられますが、「ノンステップバス」と「旅客船」はそれぞれ50%前後にとどまっています(※)。とはいえ、時代の流れもあり、普及率は年々確実に高まっています。今後のさらなる拡充にぜひとも期待したいところです。

車イス利用者の利便性が高まれば、行きたい場所へもっと気軽に出かけられるようになり、外出の機会もさらに広がることでしょう。

外出時のチェックポイント

ここからは、車イスで外出する際のポイントや注意点をお伝えしていきます。

経路を確認しておく

お出かけの前日までに、目的地までの経路を決めておきましょう。車イスでの外出は、多少遠回りになっても安全に走行できる道を選択するのがベストです。電車やバスなどの公共交通機関を利用する場合は、駅や車両のバリアフリー情報も忘れずにチェックしておきましょう。可能であれば、前述のJRのように事前にサポートの依頼をしておくと、よりスムーズに乗車することができます。

らくらくおでかけネット」では、駅名で検索すると、車イスでの移動情報や多機能トイレの有無、車イスでの駅利用に関しての注意事項などを見ることができます。サイト上には、エリアのバリアフリー情報や「車イスで入店可能なレストラン」などの情報も豊富です。事前リサーチにぜひ役立ててください。

行き先の施設のバリアフリー情報を入手しておく

車イス用エレベーターの有無、スロープや多機能トイレの場所など、行き先のバリアフリー情報を詳しく調べておきましょう。事前にこれらの情報を入手しておくことで、外出先で段差に困ったり、トイレやエレベーターを探し回ったりすることを極力避けることができます。

車イスに不具合がないかチェックしておく

外出先で車イスが故障したり動作不良を起こしたりすると、事故やケガにつながる恐れもあり大変危険です。普段から、車イスに故障箇所はないか、ブレーキや車輪の動きはスムーズか、タイヤから空気が漏れていないかなど、メンテナンスを心がけてください。外出の前日は特に念入りに、不具合がないかどうか確認しましょう。

人の少ない経路や時間帯を選択する

車イスの外出で大切なことは、「いかに安全に目的地へ到着するか」です。そのためには、段差や傾斜が少なく安全な道を選ぶことに加え、人の混雑を避けることがとても重要です。通勤や通学で混雑した時間帯をなるべく避けるとともに、通行人の少ない道を通るようにしましょう。

まとめ

街のバリアフリーは広く普及してきているものの、まだ完全とは言えず、車イスユーザーが安全に外出するには、事前のリサーチが欠かせません。困難やトラブルを避けるためにも、ぜひお住まいの地区やよく利用する施設のバリアフリー情報をしっかり把握しておきましょう。

※国土交通省「公共交通のバリアフリー化進捗状況について」
https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/content/001333907.pdf

監修

渡辺 有美

介護やマネー関連が専門のフリーライター。

独身時代は都市銀行に勤務し、その後、結婚と子育てを経て介護の道へ。介護福祉士としてデイサービス・特養・訪問介護の現場で10年以上働いた経験を活かし、高齢者の方々の役に立つ記事を多数執筆しています。