セカンドライフ

  1. 住まいのこれから

    日照権の計算方法は? 建物による違いと隣家との関係を押さえ、トラブルを回避しよう

    日照権によるトラブルは高層建築物のみならず、一戸建て住宅同士でも起こりうるものです。一度、近隣関係がこじれてしまうとご近所付き合いにも影響があり、最悪の場合は裁判にまで発展しまうケースもあります。このような揉めごとに発展しないようにするためにも、増築をする際にはトラブルが発生しないよう事前にさまざまな注意をしておきましょう。

  2. 夫婦のこれから

    「高齢者マーク」は何歳から? 付けないと違反になるの? 正しいルールを再確認

    高齢者マークは70歳から個々の条件によっては表示義務があり、なるべく付けて車を運転することが推奨されています。自分はもちろん周囲の人の安全を守る意味でも、70歳になったらぜひ積極的に高齢者マークを付けることをおすすめします。

  3. 住まいのこれから

    社宅から出た後の住まいはどうすればいい? 後悔しない老後の住まい選び

    退職後の住まいは社宅を出る間際に考えるのではなく、社宅に住んでいるうちから将来の住まいをイメージし、資金計画を立てていくことが大切です。

  4. 夫婦のこれから

    免許更新時の「高齢者講習」とは? 免許返納を考えるべきタイミングはいつ?

    高齢者講習とは、70歳以上の人が免許更新をする際に、事前に受講しておく必要のある講習のことです。年齢とともに判断能力が鈍るのは少し悲しいことですが、何より大事なのは「命」です。自分自身の不注意な判断で、自分や他人が交通事故に巻き込まれることがないよう、よく考えて判断したいものです。

  5. 夫婦のこれから

    親の介護が必要になったら実家は売るべき 知っておきたい助成金や諸制度あれこれ

    いざ介護が必要な切羽詰まった状態で急いで結論を出そうとすると衝突を生みやすく、親の認知症が進んでいれば、まともに意見を交わすことすらできないかもしれません。親が元気ないまのうちに、一緒にじっくりと考えておくことが肝心です。

  6. 夫婦のこれから

    老後も心豊かに暮らすための「生涯学習」、その種類と選び方を学んでみよう

    生涯学習とは文字どおり、生涯にわたり学習を続けることです。「認知症にならないために何かをしておいたほうが良さそう」という気持ちではなく自発的にやることであなたの人生を豊かにするでしょう。

  7. お金・資産のこれから

    人生100年時代に備えて 今からでも始められる世代別の老後資金準備とは

    老後の生活資金をどう確保するか悩んでいる方は、老後準備を先送りせず、今すぐに準備を始めましょう。

  8. 夫婦のこれから

    熟年離婚を回避する「卒婚」という選択肢 "なるべく一緒にいないための極意"とは

    熟年離婚を回避するための「なるべく一緒にいない生活スタイル=卒婚」は、お互いがよりよいパートナーであり続ける適度な距離感を保った夫婦の形といえます。困りごとがあったらサポートしあえるように、ある程度密に連絡を取り合いましょう。

  9. なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

    キッチンに立つ気力がなくても焦らないで。5分以内で頑張る簡単料理術

    子どもが巣立ち夫婦二人だけになった時の食事は、なんとなく寂しい気持ちになりがち。特別なことをしなくても、時短調理の方法や、栄養も摂れるお手軽レシピを参考に、日々の調理をもっと気楽なものにしてみてください。

  10. 夫婦のこれから

    幸せな老後の生きがい~家族による支援方法

    健康で生きがいを持って豊かな生活をするには、自分自身が主体的に生活できる「居場所づくり」が重要です。国や自治体は、地域活性化を目的に様々な学習の場を設ける取り組みを行っていますので、地域でどのような活動が行われているのかを調べてみてはいかがでしょうか。

  11. なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

    夫婦二人で晩酌を楽しむ 和食をちょっとアレンジして白ワインとペアリングするコツ&簡単レシピ

    ペアリングとは、料理とお酒の組み合わせで、相乗効果でさらに美味しさを感じることができるということです。今回は、ご家庭では特に出番の多い和食に白ワインを合わせる方法をご紹介します。ぜひ、夫婦のゆったりとした夕食を演出してみてください。

  12. 夫婦のこれから

    介護施設の選び方~機能にあった選び方とタイミング

    介護施設にはそれぞれ目的があります。親がどのような生活を望んでいるのか、元気な間にしっかりと話し合いをして、ライフスタイルや受けたい介護など、今後のことをじっくりと決めていくとよいでしょう。

  13. 夫婦のこれから

    からだの自由が利かない親にできる親孝行とは

    からだの自由が利かない親のためにできることは、まずは『こころの距離感』を近づけることが重要です。こまめに会う、もしくはこまめに連絡するなど、親が抱えている不安を解消できるような関わりをしていきましょう。

  14. なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

    夫婦の時間を楽しむ 日本酒と肴のマリアージュで晩酌を

    夫婦二人の時間としておすすめしたいのが、食体験の共有です。美味しいものを食べれば、二人とも幸せ。普段のお食事とは少し違った工夫をして、お酒と肴を楽しむ夜を演出してみてはいかがですか。

  15. 夫婦のこれから

    夫は家事ができない! 老後の生活の不安を解消する方法

    家事の負担割合には、なぜ男女間でこれほどの差があるのでしょうか。夫婦で家事を一緒に楽しみつつ、必要に応じて助け合えるような、そんな老後を描きたいものです。

  16. なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

    食卓をもっと楽しむ!毎日がインスタ映えする食器選びと気軽なテーブルコーディネート

    テーブルコーディネートをはじめるにあたり、食器や布ものを選ぶ時は、色やデザイン性の高さではなく、まずはシンプルなお皿を活用して、四季折々の花など季節感を少し添えるだけでも、素敵なコーディネートになります。

  17. 夫婦のこれから

    いつ、どうやって説得する? 親の運転免許返納

    時々は高齢ドライバーの車に同乗し、返納する時期を見極めましょう。さまざまな制度も利用して、高齢家族がこの先も安全で健康な生活が送れるよう、心を配ることが大切です。

  18. なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

    夫婦二人で晩酌を楽しむ 和食をちょっとアレンジして赤ワインとのペアリングを楽しむコツ&簡単レシピ

    赤ワインにはポリフェノールや動脈の老化を防ぎ、血圧をコントロールする効果があるといわれるヨードが含まれていますので、健康を気にするシニア世代におすすめのお酒です。赤ワインをより身近に、カジュアルに楽しんでみてください。

  19. 夫婦のこれから

    介護施設の選び方~種類や特徴、費用について

    高齢者施設が必要になる前に、家族間で介護が必要になった場合にどうするのかをしっかり話し合って決めておくといいでしょう。また、入居のタイミングはケアマネジャーの力を借りることが適切です。

  20. なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

    ホームパーティーで使える!ケータリングサービスのススメ

    ケータリングとは、プロが自宅や職場にきて、お料理の提供やパーティー会場のセッティングなどを行ってくれるサービスのことです。ケータリング業者や規模によっても様々な形態がありますので、ご自宅での開催に適したサービスを選ぶことが大切です。