リフォーム

  1. 住まいのこれから

    エネファームの費用や寿命は? 導入のメリットから補助金情報まで詳しく解説

    エネファームとは、「エネルギー」と「ファーム(農場)」による造語であり、「ガスを使って発電する家庭用燃料電池」のことをいいます。エネファームを導入すると「電気をつくる」「災害に備える」「お財布にやさしい」の3つが手に入ります。省エネ住宅に関心がある方にとって、エネファームは欠かせない検討事項と言えるでしょう。

  2. 住まいのこれから

    自宅で教室を開くには? 開講のステップ、教室レイアウト例を解説します

    教室運営は、通勤せずに自宅で仕事ができるため、家事や子育てなどに忙しい女性には効率良く時間を使えるというメリットがあります。将来の収入不安を解消できるだけでなく、ながきにわたってイキイキとした生活を送れるという楽しみも付加されます。自分の働くイメージが持てた方は、ぜひ一度具体的に考えてみてはいかがでしょうか。

  3. 住まいのこれから

    増築するなら知っておきたい「建ぺい率」 ルールや調べ方を解説します

    建ぺい率は都市計画区域内の土地をその利用目的によって区分し、建築物などに対するルールを決め、土地の合理的な利用を図るために必要なものです。増築や新築をする際は、建ぺい率をきちんと確かめてから建てるようにしましょう。

  4. 住まいのこれから

    クローゼットや趣味の部屋に 独立した子どもの部屋を有効活用しよう

    子どもが独立したり夫が定年になったりすると、夫婦のライフスタイルにもさまざまな変化が生じます。子どもが独立したら、来たる老後に備えてライフスタイルを住まいから考え直してみてはいかがでしょうか。

  5. 住まいのこれから

    我が家を省エネ住宅にリフォームしよう! 活用できる補助金と税金の優遇措置は?

    省エネリフォームは、住宅の断熱性能を高めるだけでなく、身体にも負担をかけない快適な環境での暮らしを実現してくれます。ご自宅を省エネリフォームする際には「補助金制度や税の優遇措置」を賢く利用して、家族も地球もよろこぶ家づくりを実践してみてはいかがでしょうか。

  6. 住まいのこれから

    木造住宅の耐用年数や減価償却期間は? 長く住める"木の家"に注目してみよう

    木の家に長く住み続けるには「木の乾燥」と「住宅のメンテナンス」が重要です。自然の恵みを材料として用いるぶん、温かみのある空間が魅力です。その良さを楽しみながら世代をまたがって長く住み続けられるよう、ぜひともお住まいを大切にしてください。

  7. 住まいのこれから

    リフォームで実現したい快適な住まい 蓄熱を活かした「省エネ住宅」の作り方

    断熱リフォームだけでも室温を一定化する効果がありますが、蓄熱建材を使用したリフォームを付加することで、より温度にムラのない快適な住まいが実現できます。からだにやさしい断熱リフォームで、いつまでも元気に暮らせるマイホームを実現し、快適な毎日を過ごしましょう。

  8. 住まいのこれから

    戸建てをフルリフォーム 費用は? メリットは? 事例を交え解説します

    フルリフォームとは、柱や梁などの構造体だけを残したうえで間仕切りや外壁、サッシなどを全面撤去して行うリフォームのことであり、「スケルトンリフォーム」とも呼ばれています。建て替えか、リフォームか。その判断基準はさまざまですが、じっくり比較検討し、納得のいく住まいが実現できるとよいですね。

  9. 住まいのこれから

    暖房リフォームにはたくさんの選択肢が。専門家が徹底解説します

    暖房リフォームの種類と費用感を知ると、ご自宅に合った工事方法の選択に役立ちます。地域の特徴や現時点の住まいの断熱状況を把握しながら、予算にあった納得のいく暖房リフォームができるといいですね。

  10. 住まいのこれから

    スケルトンリフォームの定義とは? 費用や事例を専門家が解説

    スケルトンリフォームがどのようなものかを知ると、ご自宅に合った工事方法の選択に役立ちます。予算や土地の状況、求めるリフォームの内容などを考慮して、リフォームの範囲や建て替えの判断などができるといいですね。

  11. 住まいのこれから

    リフォーム? それとも建て替え? 判断基準を建築士が指南します

    リフォームと建て替えどちらを選択するにしろ、多額の工事費がかかりますし、大切な住まいに手を加えること自体、大変なことですから、迷ってしまうのは当然です。予算や土地の状況、将来性、そして家族の思いなどを考慮のうえ最適な選択ができるといいですね。

  12. 住まいのこれから

    インテリアコーディネートを楽しみながら模様替え 初心者におすすめの簡単リフォーム

    リフォームを自分の手で行うことの良さは、こだわり尽くせることと、低予算から始められることです。新しく家具を購入したい場合や家具の配置換えをしたい場合などに、図にしてみて検討すると、配置後のイメージが沸きやすいのでおすすめです。

  13. 住まいのこれから

    浴室のバリアフリー化 高齢者の健康と安全のために注意したいリフォームの考え方

    30年以上前の住宅の場合、浴室はタイル張りの湿式工法の浴室がほとんどです。この工法は、段差が大きい、冷えやすい、滑りやすいなどの危険なデメリットが多くなっています。今後の状況を考え、補助金制度も利用して介護の負担を軽減するバリアフリーリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

  14. 住まいのこれから

    住まいの劣化対策のポイント 木材の腐朽やシロアリの侵入を防いで家を長生きさせよう

    寿命が短いと言われる現代の木造住宅ですが、ていねいに使い、不具合があればメンテナンスをしっかり行っていくことで80年以上長持ちさせることも十分可能です。住まいの寿命を長く維持するためには、定期的に点検を行い、劣化対策をしっかり行いましょう。

  15. 住まいのこれから

    寝室のバリアフリーリフォーム 介護とプライバシーを両立させるために考えたいポイント

    高齢者の居室は、家族の目の届きやすい配置、常に家族の誰かがそばにいる配置が理想的です。しかし見守りが常に必要であったとしても、ある程度のプライバシー性をしっかりと持たせることで生活のズレによるストレスの軽減にもつながるでしょう。

  16. 住まいのこれから

    中古マンションの断熱リフォーム 費用を抑え効率よく仕上げるための考え方

    最近の住まい方のひとつの選択肢として、中古マンションを購入し、自身のライフスタイルに合わせてリフォームするといった方法が注目されています。快適な住まいとするためには、断熱性についても十分に考慮する必要があります。

  17. 住まいのこれから

    ゲストに自慢できる玄関リフォーム 機能性も備えるためのポイントとは

    玄関は、その住まいのイメージを最初に印象付ける大切な場所です。バリアフリー化や日常的な機能を充実させつつ、少しの演出を加えるだけで余裕のある住まいの印象を与えることができます。

  18. 住まいのこれから

    ペットと人の快適な暮らしのためのリフォーム 取り入れたい機能と住環境

    ペットのためのリフォームでは「消臭」「掃除しやすい」「汚れにくい」「傷つきにくい」といった点がポイントです。人間の生活環境にペットを迎え入れるためにも、彼らの習性に寄り添うことが、ペットのためのリフォームの基本となるでしょう。

  19. 住まいのこれから

    テレワーク時代の必須アイテム 改装・リフォームでできる書斎の設置

    書斎とは「読書や書き物をするための部屋」という定義がありますが、現代、その用途はさまざまです。在宅ワークが増えている中、仕事と生活の切り替えを助けるために書斎を取り入れてみてはいかがでしょうか。

  20. 住まいのこれから

    ユニバーサルデザインとバリアフリーの違いとは? リフォームに活かしたい住みよい家の考え方

    「バリアフリー」と「ユニバーサルデザイン」には、実は明確な違いがあります。いまの日本では、オールマイティに対応できる設備やデザインが特に求められています。利用者もこの理念を理解し、誰もが利用しやすくするための目と心を持つことが必要です。