お金

  1. お金・資産のこれから

    医療保険の選び方は? 老後の必要額までFPが解説します

    医療保険は健康状態と年齢により保険料が設定されており、健康状態が悪化した場合には、医療保険に加入できない、または保険料が通常より高くなるおそれがあります。健康な若いうちに加入しておくと、保険料負担が安く済みます。老後の医療保険料の負担を減らしたいなら、なるべく早く加入を検討するとよいでしょう。

  2. 身体のこれから

    糖尿病になるとどの程度の費用がかかるのか

    糖尿病は悪化すると治療費がどんどんかさんでいきます。できるだけそうならないように、食事や運動にきちんと取り組んでいく必要があります。また、使用できる薬は病状によって異なります。費用面や薬の使用方法とライフスタイルが合うかなどを検討した上で、無理なく治療が続けられるようにしていきましょう。

  3. お金・資産のこれから

    今すぐ取りかかりたい「資産整理」 デジタル資産も忘れずに

    相続税の問題や親族間のトラブルはないとしても、故人の資産の把握をするだけで家族に大きな負担がかかるケースが増えているようです。資産の確認と整理はいつでも思い立ったときに、定期的にやっていくのがおすすめです。

  4. お金・資産のこれから

    平均貸与額や返済期間は? 大学進学で奨学金を借りるときの注意点

    奨学金は、申し込み時期が決まっているものがほとんどです。説明会に出席することが申込条件になっている場合もありますので、少しでも検討している場合は、不備が起こらないようしっかり調べて準備をしましょう。無理のない範囲で貸与を受け、大学卒業後の人生の大きな負担とならないよう未来を見据えることも大事です。

  5. お金・資産のこれから

    「在職老齢年金」とは 老後の資産設計のためのルールと仕組みを知っておきましょう

    働くことは、収入面はもちろん社会との関わりを持てる、心身的にも健康的でいられるなど、大きなメリットがあります。改正される在職老齢年金で、給料セーブを考えず、「働きがい」を感じられるようになるといいですね。

  6. お金・資産のこれから

    共稼ぎ夫婦の住宅購入 ローンの組み方のおすすめは?

    夫婦で協力し合って住宅ローンを返済するというのは、共同でローンを組むことに限られません。組んだローンを無理なく返済できるように夫婦で家計を支え合うのが「協力し合って住宅ローンを返済する」ということでしょう。

  7. お金・資産のこれから

    定年退職でも失業保険をもらえる? 知っておきたい雇用保険の給付

    雇用保険制度は、離職したときに給付金を受け取れる制度です。定年退職も失業に含まれ、条件を満たしていれば基本手当をもらえます。しかし、いつ辞め、どの給付をもらうかを考える場合には、再就職プランもしっかり検討してから退職準備をするようにしましょう。

  8. 夫婦のこれから

    親の介護が必要になったら実家は売るべき 知っておきたい助成金や諸制度あれこれ

    いざ介護が必要な切羽詰まった状態で急いで結論を出そうとすると衝突を生みやすく、親の認知症が進んでいれば、まともに意見を交わすことすらできないかもしれません。親が元気ないまのうちに、一緒にじっくりと考えておくことが肝心です。

  9. お金・資産のこれから

    万が一のために知っておきたい 現役世代でも受け取れる「障害年金」の仕組み

    「障害年金」は、病気やケガで障害を負い、生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の人も含めて受け取ることができる年金です。いつ、どんな病気に罹患してしまうかわからない時代では障害年金の基礎知識を学んでおきましょう。

  10. お金・資産のこれから

    高齢で物忘れがすすむ親の資産管理、どう考える? 特殊詐欺対策は?

    高齢の親の金銭トラブルを避けるため、何より大切なのは本人と家族で常にコンタクトを取り、お金の動きの状況を見える化しておくことだと筆者は考えます。親の意見も尊重しつつ、最近の社会の状況などに関する情報を伝えてあげるのもいいでしょう。

  11. お金・資産のこれから

    大切な家を守るための地震保険、加入すべき? 保険料の負担とリスクの考え方

    地震保険に入るべきかどうかは状況によって異なりますが、大切なマイホームを守るうえで、地震保険について理解を深めておくことが大切です。仕組みや、メリット・デメリットを知ったうえで、あなたにとって地震保険が必要かどうかをぜひ考えてみましょう。

  12. お金・資産のこれから

    貯金だけでは老後貧乏かも リタイア後に取り組みたい資産運用

    老後の生活費に不安がある場合は、高齢者になっても資産を運用しながら取り崩すことを考える必要があります。高齢者の資産運用は「リスクのとりすぎ」と「判断力の低下」に注意が必要です。保有資産のうち、一定額は預貯金や元本保証の個人向け国債などで保有し、リスクをとりすぎないようにしましょう。

  13. お金・資産のこれから

    夫(妻)は何にお金を使っているの? 甘く見ると怖い、共働き世帯の使途不明金とは

    夫婦でお金について話し合い、貯蓄の目標額やお金の価値観を共有できると、夫婦の絆も深まります。使途不明金で悩んでいるなら、教育費や老後資金で困ることがないように、夫婦で話し合って早期に家計管理を見直すことが大切です。

  14. お金・資産のこれから

    無理なく始めよう 支出が多い40代でも始められる老後に向けた1000万円の資産形成

    40代でも無理なく貯金するには、支出が多い固定費を見直すのがコツです。できると思えるものがあればすぐに取り組んでみましょう。

  15. お金・資産のこれから

    老後資金に退職金を当てにするなら知っておきたい税金の話

    退職金をどのように受け取るのが有利かは、状況によって異なります。まずは退職金の見込額を把握し、勤続年数から退職所得控除額を計算することから始めましょう。

  16. お金・資産のこれから

    学資保険のメリット・デメリットは?教育費をより効率的に準備する方法

    学資保険は強制的に教育費を準備できるのがメリットですが、金利低下の影響を受けてお金が増えにくくなっています。お金を増やしながら教育費を準備したいのなら、「金融商品+掛け捨ての保険」という新しい選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

  17. お金・資産のこれから

    お金がかかる子育て世代が考えたい節約術 賢い保険見直しの方法とは

    子育て中の40代は人生のなかでも一番お金がかかる頃合いです。見直しというと保険料を抑えることに意識が行きがちですが、いま必要となる保障に加え、将来的にライフフプランのなかで必要となるお金などもイメージしながら上手に見直しをしていってください。

  18. お金・資産のこれから

    総返済額で100万円の差がつくことも! 住宅ローンの借り方・借り換えを研究してみよう

    住宅ローンを利用する場合、金利タイプの選択は重要なポイントになります。将来の金利上昇が不安であれば「固定金利」、金利の低さを重視したい場合は「変動金利」を選ぶとよいでしょう。ただ、住宅ローンの金利タイプ・返済方法に正解はないので、無理なく返済できるように自分にあったものを選ぶことが大切です。

  19. お金・資産のこれから

    投資信託や株式投資は怖くない? 40代から始める資産形成の考え方とは

    資産形成が必要だとわかっていながらリスクを恐れ、投資に二の足を踏む人は少なくありません。しかし、預貯金ではほぼリターンを得られない状態。リスクが低めの投資信託などから投資にトライし、知識を広げながら資産形成していってみてはいかがでしょうか。

  20. お金・資産のこれから

    上手に使って得をしよう 住宅リフォームでもらえる補助金・減税制度あれこれ

    国や自治体が行っている「補助金制度」や「リフォーム減税」をうまく活用して、安心して住める老後の住居づくりを目指していくとよいでしょう。