保険

  1. お金・資産のこれから

    医療保険の選び方は? 老後の必要額までFPが解説します

    医療保険は健康状態と年齢により保険料が設定されており、健康状態が悪化した場合には、医療保険に加入できない、または保険料が通常より高くなるおそれがあります。健康な若いうちに加入しておくと、保険料負担が安く済みます。老後の医療保険料の負担を減らしたいなら、なるべく早く加入を検討するとよいでしょう。

  2. お金・資産のこれから

    大切な家を守るための地震保険、加入すべき? 保険料の負担とリスクの考え方

    地震保険に入るべきかどうかは状況によって異なりますが、大切なマイホームを守るうえで、地震保険について理解を深めておくことが大切です。仕組みや、メリット・デメリットを知ったうえで、あなたにとって地震保険が必要かどうかをぜひ考えてみましょう。

  3. お金・資産のこれから

    定年退職後の健康保険はどうなる? 任意継続や被扶養者など違いを解説

    会社で健康保険に加入している人は、定年退職後はそこから外れることになります。老後資金設計と同様に、定年後の医療保険も夫婦共同で最善の方法を選択することが、老後のより良い生活につながることでしょう。

  4. お金・資産のこれから

    在宅介護で必要となる費用とは~家族が知っておきたい費用の実例

    在宅介護はいつまで続くか分からないことから、経済的な問題がストレスとなることがあります。ストレスを最小限に抑えるためには、在宅介護に必要な金額を知り、適切なサービスを利用することが大事です。

  5. お金・資産のこれから

    手軽に保障が受けられる共済は保険と同じ? 違いを知って生活のリスクに賢く備えよう

    保障内容にもよりますが、一般的に共済は生命保険に比べて保険料が安めのものが多いため、自分のニーズに合ったものを選ぶことで、家計の節約につながることがあります。バランス良くさまざまな経済リスクに備えていければいいですね。

  6. お金・資産のこれから

    生命保険契約はいくら備えるべき?~ 人生100年時代のために~

    この長生きの時代、老後に普通の生活をするだけでも多額のお金が必要になります。生命保険は最後のラブレターとも言われます。この機会に大切なご家族と老後のライフプランについて考えてみましょう。

  7. 夫婦のこれから

    幸せな老後を過ごすための介護サービス~その種類と費用について

    幸せな老後を過ごすための介護サービス。実は複雑で、地域の介護サービスの事情もあります。地域のケアマネジャーや地域包括支援スタッフに相談し、いつまでも主体的な生活ができるよう工夫することが大事です。

  8. お金・資産のこれから

    介護保険サービスを受けるには要介護認定が必須! 申請から認定までの流れと注意点

    介護保険は、本人にとって最適な要介護度で利用するのがベストであり、要介護認定で普段の状況を正しく理解してもらうことが重要です。要介護認定は介護保険の給付額を決定づける重要な審査なので、しっかり頭に入れていきましょう。