介護

  1. 夫婦のこれから

    終活なんてまだ早い? 両親に介護や終活を真剣に考えてもらう方法

    「終活」は終わりを良くするための準備、あるいは余生を充実させる活動と捉え、残りの人生をより自分らしく生きるための活動です。親に切り出しづらい、と考えている方は、「終活」に対する意識改革から始めてみましょう。

  2. 夫婦のこれから

    負担が大きい自宅での排泄介助 オムツ交換を楽にしつつ清潔を保つコツとは

    オムツ交換の悩みの多くは、対策法を知ることで解消できます。介護の悩みをひとりで抱え込んでしまうと、介護者自身が健康を害してしまう恐れがあります。在宅介護の負担を軽減するために、プロと相談してよりよい方法を考えていきましょう。

  3. 夫婦のこれから

    家で看取る? それともホスピス? 家族を見送る時に考える終末期医療

    ホスピス、在宅ホスピスの役割は、看取られる方が安らかに天寿を全うされる手助けをすることです。あらかじめ、いろいろな専門家と相談し、準備することが重要です。

  4. 夫婦のこれから

    親の介護が必要になったら実家は売るべき 知っておきたい助成金や諸制度あれこれ

    いざ介護が必要な切羽詰まった状態で急いで結論を出そうとすると衝突を生みやすく、親の認知症が進んでいれば、まともに意見を交わすことすらできないかもしれません。親が元気ないまのうちに、一緒にじっくりと考えておくことが肝心です。

  5. 夫婦のこれから

    認知症の親が介護拒否 健康と安全のために家族ができることとは

    介護拒否は家族にとっても重要な問題で、精神的ストレスが強くなれば介護生活が破綻しかねません。まずは認知症を理解し、なぜ拒否をするのか本人の気持ちを考えたうえで対応を考えましょう。同時に、介護をする家族の負担を軽減することも大切です。介護の時間と自分を大切にする時間の中間点を見つけて、バランスをとるようにしましょう。

  6. 夫婦のこれから

    自宅介護の強い味方「訪問看護」ってどんな制度? サービス内容と利用方法について

    仕事や子育てなど自分自身の生活を送りながら、同時に高齢の親を介護するのは簡単なことではありません。介護生活に疲れや不安を感じている方は、訪問看護の利用を検討されてはいかがでしょうか。「相談できる人がいる」「ひとりではない」と感じられるメリットは大きいと言えます。

  7. 夫婦のこれから

    デイサービス(通所介護)とは? サービス内容やメリット・デメリットについて

    デイサービスは「通所介護」とも呼ばれ、介護保険が適用される介護サービスのひとつです。施設の規模や要介護の度合いによっても負担費用は異なるため、まずはケアマネジャーに相談しながらお住いの地域にある施設を調べ、見学することから始めてみましょう。

  8. 夫婦のこれから

    遠距離介護の味方!「高齢者見守りサービス」の種類と選び方のヒント

    遠くに住んでいても日々の親の安全を見守ることができる「高齢者見守りサービス」。もちろん、見守りサービスを利用すれば、危険を100%避けられるわけではありませんが、親の身を案じている方にとっては、大いに検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

  9. 夫婦のこれから

    在宅介護で頼りになる「訪問介護」 内容や費用、利用方法とは?

    訪問介護とは、利用者の自宅を訪問して日常生活の援助を行う介護サービスです。家族の介護負担を減らしつつ「住み慣れた自宅で過ごしたい」という願いを叶えられます。しかし家事代行サービスと混同しやすいので注意しましょう。サービス内容や回数は、その人に適したものにできます。困ったことがあれば相談し、ベストな方法を見つけるようにしましょう。

  10. 夫婦のこれから

    要チェック! 介護の負担軽減に利用したいショートステイとは?

    ショートステイは、「短期入所生活介護」とも呼ばれ、要介護と認定された人が一時的に介護施設に入所し、ケアを受けられるものです。要介護度によって費用が異なり、所得や地域によっても負担割合が変わってくるので、すぐに利用する予定がなくてもケアマネジャーに相談し、どのような施設があるのか、料金がどれくらいなのか等、把握しておきましょう。

  11. 夫婦のこれから

    パート勤務でも介護休業を申請できる? 要介護認定は必要?その条件や給付金について

    現状の制度では、一定の条件を満たしていればパート勤務でも「介護休暇」「介護休業」を申請することができます。いざという時にトラブルにならないよう、まずは就業規則を確認するところから始めてみましょう。

  12. 夫婦のこれから

    介護のために知っておきたい 車イスでの外出の注意点と街のバリアフリー情報

    車イスは、地面にちょっとした凹凸があるだけでもスムーズな移動が難しく、介助なしでは進めないこともあります。困難やトラブルを避けるためにも、ぜひお住まいの地区やよく利用する施設のバリアフリー情報をしっかりリサーチしておきましょう。

  13. お金・資産のこれから

    民間の介護保険には加入すべき? 公的介護保険との違いと老後準備の考え方とは

    万一に備える保険は、そのリスクが「絶対」ではないだけに加入すべきかどうか悩ましいものです。世帯の経済状況とともに、さまざまな介護保険商品をしっかり確認しながら、最善の備えを検討しましょう。

  14. お金・資産のこれから

    在宅介護で必要となる費用とは~家族が知っておきたい費用の実例

    在宅介護はいつまで続くか分からないことから、経済的な問題がストレスとなることがあります。ストレスを最小限に抑えるためには、在宅介護に必要な金額を知り、適切なサービスを利用することが大事です。

  15. 夫婦のこれから

    認知症介護 ストレスで共倒れにならないために

    介護でイライラしないためには、認知症を知ることが一番大事です。認知症になってもできることは多くあります。できる部分に着目して本人が生きがいを持って生活を送れるように工夫し、できない部分を補うような介護や支援を行うといいでしょう。

  16. 住まいのこれから

    嫁姑の関係は良好に保てる? 完全同居でストレスを減らすための二世帯リフォームとは

    同居のストレスを最小限に抑えた二世帯住宅にするのなら、「部分共有型」や「完全分離型」の間取りがおすすめです。同居は親世帯の助けが得られるメリットもありますが、可能な範囲で世帯間の分離をしてトラブル・ストレスの減少を目指し、快適な同居生活を送りましょう。

  17. 住まいのこれから

    三世代で快適に暮らすために 介護と育児のための二世帯リフォームのポイントとは

    三世代同居という暮らし方は、家族にとっても、助け合いや金銭面でのメリットがたくさんあるでしょう。とはいえ、同居する人数や世代が多ければ多いほど、気をつかうことや不自由なことも増えていきます。しかし、これからの社会に求められている住まいかたでもあり、とても有意義な暮らしかたとも言えます。

  18. 夫婦のこれから

    要介護認定のやり直しは可能? 認定結果に納得がいかないときの対処法

    要介護度の判定に納得がいかず、認定のやり直しを希望する人は少なくありません。もし認定結果に疑問を持ったら、まずは担当のケアマネジャーに相談し、適切な対処法を一緒に検討しましょう。

  19. 夫婦のこれから

    両親の介護で疲れないために~介護ストレスを軽減させ楽しい毎日を過ごそう

    介護ストレスが大きくなると、介護者自身がうつ病になったり、またストレスから虐待につながったりすることもあります。その対策として、まず自分がひとりでやらないといけないという考えをなくし、身近にいつでも相談できる体制を持っておきましょう。自分自身のケアも大事です。

  20. 夫婦のこれから

    老老介護を防ぎたい! 今からできる対策とは?

    老老介護は、心身ともに大きな負担がかかります。まずは介護が必要になったらどうするか、両親と話してみましょう。できるだけ健康寿命をのばすため、生活習慣を見直すことも大切です。