話題の「介護脱毛」とは?デリケートゾーンを脱毛するアラフィフ女性が増加

身体のこれから

介護脱毛のメリットとして、介護をしてくれる相手の負担軽減が挙げられます。また、アンダーヘアを脱毛すると、デリケートゾーンのムレ・ニオイ・かゆみなどが大幅に軽減されます。自分らしさを選べる時代の中、介護脱毛も数ある選択肢のひとつ。惹かれる部分があれば、検討してみてはいかがでしょうか。

【監修】三島ミコ

「介護脱毛」という言葉を、耳にしたことはあるでしょうか? 介護脱毛とは、自分が"介護される立場"になったときに備えて、デリケートゾーンのアンダーヘアを永久脱毛することです。

40〜50代のアラフィフ女性のなかで広まりつつあり、雑誌などで取り上げられることも増えている介護脱毛。今回は「介護脱毛」とは何なのか、そのメリットや注意点を解説します。

介護脱毛とは

冒頭でも触れた通り、介護脱毛とは、将来の介護を見据えたアンダーヘアの脱毛を指す言葉です。「アンダーヘアの脱毛?!」と驚いてしまう方もいるかもしれません。しかし、アンダーヘアの脱毛は「VIO脱毛」と呼ばれ、若い世代では、すでに一般的なお手入れとして受け入れられています。

以前は「アンダーヘアを脱毛するなんて恥ずかしい」と感じる人が大多数でした。しかし、2010年代から現在にかけ、価値観が大きく変化。背景には、脱毛を専門とするクリニックやサロンの急増があります。テレビCMや電車の中吊りなどで、脱毛の広告を見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。
ひと昔前、ムダ毛処理といえば、カミソリや毛抜きを使って自分で行うのが一般的でしたが、現在では、脱毛クリニックやサロンで、お金を払ってプロにお手入れしてもらう人が増えているのです。

20代・30代の女性はもちろんのこと、男性のなかにも、ヒゲ脱毛やVIO脱毛を行う人が出てきました。さらに、年代も、40代・50代以上まで広がっています。この流れのなかでアラフィフ世代の注目を集めるようになったのが、介護に備えたVIO脱毛である介護脱毛です。

介護脱毛のメリット

介護脱毛のメリットとして、介護をしてくれる相手の負担軽減が挙げられます。たとえば、つるんと無毛な赤ちゃんのお尻は、汚れがついても容易に拭き取ることができます。しかし大人の場合、そうはいきません。アンダーヘアがあるぶん、毛に汚れが絡まって清拭に時間がかかってしまいます。

その点、あらかじめ介護脱毛でアンダーヘアを脱毛しておくと、トイレの介助やおむつ交換など、デリケートゾーンの清拭を他の人にお願いすることになったとき、手間が省ける利点があります。加えて、脱毛を行った自分自身の心地よさ・快適性も大きく変わります。というのも、アンダーヘアを脱毛すると、デリケートゾーンのムレ・ニオイ・かゆみなどが大幅に軽減されます。これは、アンダーヘアが密集していることで起きる、デリケートゾーンの雑菌繁殖や炎症が抑えられるためです。もちろん今まで自分でカミソリなどを使ってムダ毛のお手入れをしていた方は、その必要がなくなるので、手間が省けます。

介護脱毛のメリット

  1. 介護される立場になったときに、介護する人の負担を減らせる
  2. デリケートゾーンのムレ・ニオイ・かゆみなどを軽減できる
  3. ムダ毛のお手入れの必要がなくなる

事前に知っておきたい3つの注意点

メリットの多い介護脱毛ですが、取り組むうえでは注意したい点もあります。

1.白髪になってからでは脱毛しにくくなる

介護脱毛はアラフィフ世代に人気ですが、そこにはひとつ理由があります。白髪になってからでは、脱毛がしにくくなるのです。アラフィフ世代では、「アンダーヘアが白髪になる前に脱毛したい」と考える人が、駆け込み的に脱毛しています。

ここで、「白髪になってからでは脱毛しにくくなる」メカニズムを確認しておきましょう。
現在の主流である脱毛方法では、レーザーを使用します。黒色に反応するレーザーを皮膚に照射し、毛の黒色と反応させ毛根の組織にダメージを与えて毛が生えないようにする仕組みです。レーザーは黒い毛に反応するようになっているので、白髪になると、レーザーが反応しにくくなります。スムーズに介護脱毛を完了させるためには、毛の黒いうちが狙いめ、というわけです。

2.脱毛が完了するまでに1〜2年がかかる

脱毛は思い立ったら、すぐにできるイメージをお持ちかもしれません。しかし、1度の施術では脱毛は完了しませんので、この点にも注意が必要です。
アンダーヘアの毛質や毛量などにもよりますが、2〜3ヶ月おきに5〜8回程度のレーザー照射が必要になります。期間にすると、およそ10~24カ月。介護脱毛は、想像以上に長期スパンで取り組む必要があるのです。

長期間が必要になる理由は、毛周期を考慮して脱毛を進める必要があるからです。先ほど、レーザーは生えている毛の黒色に反応することをお伝えしました。実は、いま目に見えて生えている毛は、全体の毛穴の3割程度です。毛周期とは、毛が生まれ変わるサイクルのこと。毛穴ごとに成長期→退行期→休止期→成長期......とサイクルが続き、生える抜けるを繰り返しています。
脱毛のレーザー照射するとき、十分な効果が得られるのは、「成長期」にある毛のみ。すべての毛穴に対し、「成長期」のタイミングでレーザーを照射するためには、時期をずらしながら何度も照射する必要があるというわけです。

「白髪になる前に」というタイムリミットと、「毛周期に合わせながら1〜2年」という脱毛期間。この2つの要素を考えると、介護脱毛をすると決めたなら、スピーディに行動した方が良いでしょう。

3.永久脱毛の「医療レーザー脱毛」を選ぶ必要がある

最後に、脱毛の方法についての注意点です。前提として、介護脱毛では永久脱毛を選ぶ必要があります。永久脱毛とは、施術が完了したら、永久的に毛が生えてこなくなるタイプの脱毛です。
介護を受ける立場になったら、脱毛後また毛が生えてきてしまっても、再び脱毛の施術を受けに行くのは難しいでしょう。そこで、永久的に毛が生えてこないよう脱毛(永久脱毛)する必要があります。
この永久脱毛が可能なのは、医療機関(病院、クリニック)で行う、医療レーザー脱毛です。医療レーザー脱毛と間違えやすいものとして、光脱毛(フラッシュ脱毛)があります。違いを整理しておきましょう。

光脱毛は、エステ・サロンで行われている脱毛です。医療レーザー脱毛より格安ですが、永久脱毛ではない点に注意しましょう。光脱毛では毛を減らすことはできますが、また生えてくる可能性があります。介護脱毛の目的で脱毛をするなら、医療レーザー脱毛の方が適切です。

介護脱毛を検討する際には、通える地域にある脱毛クリニックを複数ピックアップし、実際に足を運んで、説明を聞いてみるのがおすすめです。多くの脱毛クリニックでは、「無料カウンセリング」などの名称で、無料の初回相談を受け付けています。各クリニックの公式ホームページをチェックしてみるとよいでしょう。

さまざまな選択肢から"自分らしさ"を選べる時代

かつては、多くの女性がカミソリや毛抜きなどのアナログな方法で、ムダ毛処理をがんばっていました。「永久脱毛」も存在してはいましたが、ニードル脱毛が主流。毛穴のひとつひとつに針を差し込んで電気を通すという、強い痛みと多大な時間を要するものでした。現在の主流である「レーザー脱毛」では、一度で広範囲にレーザーを照射して脱毛できるので、負担は桁違いです。

プロにおまかせできる部分はおまかせして、自分や周囲の人たちがより快適に過ごせる方法を模索できる時代になりました。さまざまな選択肢から、自分らしさを選べる時代だと考えると、なんだかワクワクしてきます。介護脱毛も、そんな数ある選択肢のひとつ。惹かれる部分があれば、検討してみてはいかがでしょうか。

監修

三島ミコ

美容ライター

化粧品会社で10年にわたり商品開発などに従事。美容を通じて自分と向き合い心豊かな暮らしを重ねるための内外美容を提案している。