新着記事

  1. NEW

    住まいのこれから

    建物の寿命を大きく左右する「結露」 解決策を詳しく解説します

    結露が発生するとせっかくのマイホームが劣化してしまうだけでなく、アレルギーなど健康上の被害も発生するおそれがあります。マイホームを購入する際には、結露が発生しにくい住宅であることを契約前によく確認しておきましょう。

  2. NEW

    身体のこれから

    目のかすみ、からだの不調は眼精疲労が原因!? 適切な対処法とは

    目は、肌と違って直接触れることができないため、大切にしようと思っても、そのケアはついおろそかになりがちです。まずは、スマホやパソコンの長時間使用を避け、目を休める時間を確保するなど、できることから始めてみましょう。

  3. NEW

    身体のこれから

    運動不足解消の方法は? 運動しないでいるとどうなる? 内科医が簡単解説!

    運動には、ネガティブな気分を発散させたり、こころとからだをリラックスさせ、睡眠リズムを整えたりする作用があります。今より10分多く、毎日身体を動かす取り組み「+10(プラス・テン)」を目標に、できることから日々のなかに運動を取り入れ、いつまでも健康なからだを保っていきましょう。

  4. 住まいのこれから

    日照権の計算方法は? 建物による違いと隣家との関係を押さえ、トラブルを回避しよう

    日照権によるトラブルは高層建築物のみならず、一戸建て住宅同士でも起こりうるものです。一度、近隣関係がこじれてしまうとご近所付き合いにも影響があり、最悪の場合は裁判にまで発展しまうケースもあります。このような揉めごとに発展しないようにするためにも、増築をする際にはトラブルが発生しないよう事前にさまざまな注意をしておきましょう。

  5. 夫婦のこれから

    終活なんてまだ早い? 両親に介護や終活を真剣に考えてもらう方法

    「終活」は終わりを良くするための準備、あるいは余生を充実させる活動と捉え、残りの人生をより自分らしく生きるための活動です。親に切り出しづらい、と考えている方は、「終活」に対する意識改革から始めてみましょう。

  6. 身体のこれから

    「予防医療」をご存知ですか? 将来の健康のために今からできること考えよう

    予防医療は、個人の生活の質(QOL)を高めるだけでなく、元気に活躍できる人を増やす考え方です。社会全体を活性化させることにもつながることを理解し、ぜひ健康寿命を伸ばしていただきたいと思います。

  7. 夫婦のこれから

    「高齢者マーク」は何歳から? 付けないと違反になるの? 正しいルールを再確認

    高齢者マークは70歳から個々の条件によっては表示義務があり、なるべく付けて車を運転することが推奨されています。自分はもちろん周囲の人の安全を守る意味でも、70歳になったらぜひ積極的に高齢者マークを付けることをおすすめします。

  8. 住まいのこれから

    社宅から出た後の住まいはどうすればいい? 後悔しない老後の住まい選び

    退職後の住まいは社宅を出る間際に考えるのではなく、社宅に住んでいるうちから将来の住まいをイメージし、資金計画を立てていくことが大切です。

  9. お金・資産のこれから

    医療保険の選び方は? 老後の必要額までFPが解説します

    医療保険は健康状態と年齢により保険料が設定されており、健康状態が悪化した場合には、医療保険に加入できない、または保険料が通常より高くなるおそれがあります。健康な若いうちに加入しておくと、保険料負担が安く済みます。老後の医療保険料の負担を減らしたいなら、なるべく早く加入を検討するとよいでしょう。

  10. 身体のこれから

    女性は40代から健康管理が難しくなる?

    40代からは、体重コントロールを含めた健康管理が難しくなっていきます。まずは食事や運動などの生活習慣を整えること、ストレスを溜めないように心がけることを忘れないようにしましょう。そして、つらいときは無理をせず、専門家の力を借りるようにしてくださいね。

  11. お金・資産のこれから

    万が一への備えとして 離婚で家の財産分与はどうなる? 税金や住宅ローンは?

    離婚は現代の日本では珍しいことではなく、いつ自分の身に起こらないとも限りません。いままでの結婚生活で築き上げた財産の処理などが深く絡んでくる場合には、あらゆるリスクに対処する必要があることを踏まえ、慎重に対応していく必要があります。

  12. 身体のこれから

    抗酸化作用を高める生活習慣を身に着けよう 健康的に過ごすためにサプリメントは有効?

    加齢によって抗酸化作用が低下するのは自然なことであり、活性酸素も決しては悪ではありません。「抗酸化物質を摂取すること」「活性酸素が増えすぎないようにすること」を意識しましょう。そのうえで、バランスの良い食事や適度な運動をこころがけ、基本的な生活習慣で健康を目指しましょう。

  13. 50代から気をつける病気。予防・対策

    「最近ごはんがおいしくない」と感じたら要注意! 高齢者に多い味覚障害とは?

    味覚障害は加齢によって現れやすい症状ではありますが、食事が楽しめないだけでなく病気の心配もあるなど、決して軽視できない問題です。味覚の変化を感じたり、家族から味付けの変化を指摘されたりしたら、味覚異常を疑い、医療機関に相談するようにしましょう。

  14. 身体のこれから

    糖尿病になるとどの程度の費用がかかるのか

    糖尿病は悪化すると治療費がどんどんかさんでいきます。できるだけそうならないように、食事や運動にきちんと取り組んでいく必要があります。また、使用できる薬は病状によって異なります。費用面や薬の使用方法とライフスタイルが合うかなどを検討した上で、無理なく治療が続けられるようにしていきましょう。

  15. 50代から気をつける病気。予防・対策

    自粛生活や災害時に気をつけたい「生活不活発病」とは?

    「生活不活発病」とは、その名のとおり「動かない」状態が続くことで生じる症状です。生活不活発病を予防し、症状を改善するためには、活発な生活を行うことが欠かせません。新しい生活様式を意識しつつ、日々の生活を楽しみながら活動量を増やすようにしましょう。

  16. 住まいのこれから

    絶対に避けたいシロアリ被害 対策方法を詳しく解説します

    木の家が劣化してしまう主な原因は、木材を腐らせる腐朽菌とシロアリによる蟻害などの生物劣化です。あらかじめ防蟻施工をしたり、定期的にメンテナンスを行ったりすることで、その被害を食い止めることができます。大切なマイホームを守るためにシロアリ対策をしっかりと行い、年月とともに味わい深くなる木の家に、ぜひとも長く住み続けたいものです。

  17. お金・資産のこれから

    今すぐ取りかかりたい「資産整理」 デジタル資産も忘れずに

    相続税の問題や親族間のトラブルはないとしても、故人の資産の把握をするだけで家族に大きな負担がかかるケースが増えているようです。資産の確認と整理はいつでも思い立ったときに、定期的にやっていくのがおすすめです。

  18. お金・資産のこれから

    「ZEH住宅」の価格は? 補助金はいくらもらえる? 詳細を徹底解説

    地球の環境にやさしいだけでなく、住む人の健康と家計にもプラスの効果を与える省エネルギー住宅を「ZEH(ゼッチ)住宅:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」といいます。ZEH住宅は、冷暖房エネルギーを少なくできる住宅です。これから家の新築やリフォームをお考えの方は、おうち時間を快適に過ごせるZEH住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

Ranking

  1. 1

    50代から気をつける病気。予防・対策

    急に痩せたら病気?! 原因となる病気と取るべき対処法

    ダイエットをしていないのに急に痩せるのは病気が隠れている場合もあります。「痩せること」と「病気」の関係性を理解し、適切な対応につなげましょう。

    2020.02.05
  2. 2

    身体のこれから

    若い時と同じではダメ!50代から食事を変えよう

    体重が気になるからと、カロリーを減らすことよりも栄養素をどう取るか、食事内容のバランスは取れているか、ということの方が重要です。50歳からは積極的にタンパク質をとり、健康的なカロリー摂取を心がけましょう。

    2020.02.05
  3. 3

    身体のこれから

    "顔の運動不足"を解消! 表情筋を鍛えスッキリ若々しい顔になる方法

    顔の運動不足を解消して、すっきりフェイスを作るための「表情筋の鍛え方」をご紹介します。

    2020.02.05
  4. 4

    身体のこれから

    お酒の適量ってどれくらい?! 病気にならないお酒の飲み方と家族の幸せについて

    家族の飲酒量が心配な人、健康を維持しながらお酒を楽しむために、飲酒がからだに与える影響、節度ある飲酒の仕方、そして飲酒量を抑えるために家族ができることは何かを考えましょう。健康を維持するためには飲酒量や方法を見直すことが大切です。

    2020.02.05
  5. 5

    身体のこれから

    50代から目立つ「たるみ毛穴」を正しいケアでツルツルほっぺにする方法

    年齢とともに目立つ毛穴は「たるみ毛穴」と呼ばれ、若年層の毛穴悩みとは別の原因があります。たるみ毛穴のケアは即効性のあるものではありませんが、継続していけば実感しやすいタイプのものです。若々しくあるために、ツルツルほっぺを作っていきましょう。

    2020.02.05
  6. 6

    なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

    一石三鳥!重曹風呂で美肌効果+ラクラクお掃除法

    今回は一石三鳥な重曹風呂の効果・効能と、使い方をご紹介します。

    2020.02.05
  7. 7

    身体のこれから

    胃もたれ、食欲不振......加齢で食が細る原因は?

    年齢を重ねると、胃だけでなく食道も少しずつ機能が落ち、噛む力(咀嚼力)も低下していきます。食事量は無理なく、バランスに気をつけて必要な栄養をしっかりととるようにしましょう。

    2020.02.05
  8. 8

    身体のこれから

    高齢者が転倒した際に取るべき適切な対応のポイント

    高齢者が転倒した際に注意すべきポイントや、応急処置の方法

    2020.02.05
  9. 9

    身体のこれから

    将来の寝たきり防止に! 高齢者にも簡単なおすすめ運動&トレーニング

    まずは「今より10分多くからだを動かす」ことからはじめ、ウォーキングや簡単な筋トレなどの適度な運動を習慣にして筋力をアップさせましょう。

    2020.02.05
  10. 10

    夫婦のこれから

    病気で入院した親が突然、認知症に? いいえ、もしかしたら「せん妄」かもしれません

    高齢者に起こりやすい「せん妄」の原因・症状・関わり方のポイント

    2020.02.05