新着記事

  1. NEW

    お金・資産のこれから

    定年退職でも失業保険をもらえる? 知っておきたい雇用保険の給付

    雇用保険制度は、離職したときに給付金を受け取れる制度です。定年退職も失業に含まれ、条件を満たしていれば基本手当をもらえます。しかし、いつ辞め、どの給付をもらうかを考える場合には、再就職プランもしっかり検討してから退職準備をするようにしましょう。

  2. 身体のこれから

    ワキ、顔、お尻......汗が止まらなくて困る夏に試したい対策

    夏の汗は、うまく対策できないと本当につらいものです。自分に合う対策法を見つけて、夏の憂うつを吹き飛ばしていきましょう。

  3. 50代から気をつける病気。予防・対策

    メタボの人は要注意! 甘く見ると大変なことになる脂肪肝の経過と健康対策について

    メタボは、別名「内臓脂肪症候群」と言われ、さまざまな病気を引き起こすと言われています。なかでも、「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓の病気につながる可能性が高いので、今のうちからバランスの良い食生活や運動など健康管理に気を付けていきましょう。

  4. 50代から気をつける病気。予防・対策

    夏は脳梗塞に要注意! 初期症状と予防について正しく知り暑さを乗り切ろう

    脳卒中(脳血管障害)は日本人の主な死亡原因のひとつです。血圧が高くなる冬の病気と思われがちですが、脳卒中の多くを占める脳梗塞は夏に発症することが多いという報告があります。それは、水分不足にともなう脱水が関係していると考えられています。できれば時間を決めて、確実に水分をとるように心がけましょう。

  5. 住まいのこれから

    リフォーム? それとも建て替え? 判断基準を建築士が指南します

    リフォームと建て替えどちらを選択するにしろ、多額の工事費がかかりますし、大切な住まいに手を加えること自体、大変なことですから、迷ってしまうのは当然です。予算や土地の状況、将来性、そして家族の思いなどを考慮のうえ最適な選択ができるといいですね。

  6. 夫婦のこれから

    免許更新時の「高齢者講習」とは? 免許返納を考えるべきタイミングはいつ?

    高齢者講習とは、70歳以上の人が免許更新をする際に、事前に受講しておく必要のある講習のことです。年齢とともに判断能力が鈍るのは少し悲しいことですが、何より大事なのは「命」です。自分自身の不注意な判断で、自分や他人が交通事故に巻き込まれることがないよう、よく考えて判断したいものです。

  7. 50代から気をつける病気。予防・対策

    外科医が伝える、初めての入院・手術を安心して過ごすための心構え

    実際に手術を受ける立場となったら、病院でどんなに説明されても、きっと不安を感じてしまうことでしょう。その不安を少しでも軽くするため、色々なことを話し合える、あなただけの主治医を見つけてください。

  8. 身体のこれから

    糖尿病食は健康食ってどういうこと?

    糖尿病は摂取エネルギー量が適切で栄養バランスが整っていれば、基本的に食べてはいけない食材などはないのです。それを規則正しく食べることが、血糖値の急上昇を防いでくれます。もし食習慣が乱れている、栄養が足りていない自覚があるのであれば、まずは食事を見直してみることをおすすめします。

  9. 夫婦のこれから

    親の介護が必要になったら実家は売るべき 知っておきたい助成金や諸制度あれこれ

    いざ介護が必要な切羽詰まった状態で急いで結論を出そうとすると衝突を生みやすく、親の認知症が進んでいれば、まともに意見を交わすことすらできないかもしれません。親が元気ないまのうちに、一緒にじっくりと考えておくことが肝心です。

  10. お金・資産のこれから

    万が一のために知っておきたい 現役世代でも受け取れる「障害年金」の仕組み

    「障害年金」は、病気やケガで障害を負い、生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の人も含めて受け取ることができる年金です。いつ、どんな病気に罹患してしまうかわからない時代では障害年金の基礎知識を学んでおきましょう。

  11. 住まいのこれから

    インテリアコーディネートを楽しみながら模様替え 初心者におすすめの簡単リフォーム

    リフォームを自分の手で行うことの良さは、こだわり尽くせることと、低予算から始められることです。新しく家具を購入したい場合や家具の配置換えをしたい場合などに、図にしてみて検討すると、配置後のイメージが沸きやすいのでおすすめです。

  12. 身体のこれから

    誰にでもある「女性の加齢臭」を優雅にケアして匂いまで美しく

    「ニオイ」の問題はとてもデリケートです。自分では、なかなか気付けないこともあれば、逆に「周囲の人に迷惑をかけたくない」と気にしすぎてしまうこともあります。ニオイは適切にケアすれば、上手に抑えることができます。ひとつのエチケットと捉え、適切なお手入れをしていきましょう。

  13. 50代から気をつける病気。予防・対策

    死亡原因ともなる誤嚥性肺炎! 高齢者の健康を守るため日常生活でできる対策を知ろう

    誤嚥性肺炎は、高齢になるほど悪化・再発しやすい病気です。最悪の事態を回避するためには、食べたり、飲み込んだりする力の低下に気づくこと、早めに治療を開始することが重要です。食べる力、飲み込む力を維持し、誤嚥予防に取り組みましょう。

  14. 50代から気をつける病気。予防・対策

    抗がん剤治療中も仕事は可能? 収入を守りながら前向きに生きるためには

    がんは怖い病気というイメージがあるかもしれませんが、医療の進歩により、抗がん剤をしながら仕事を続けられる時代になりました。まずは、就業規則や公的制度を調べ、いざというときはある程度の保障も頼りにしつつ、家族やがん患者会など周囲のサポートも受けながら、自分らしい生活を実現しましょう。

  15. お金・資産のこれから

    人生100年時代を不安なく生きるために 50代からの副業で老後資産と生きがいを確保しよう

    「副業」とは、本職とは別の仕事を持ち、収入を得ること。近年は、大手企業が副業を認めるようにもなり、若い世代だけでなく、50代・60代の方のなかにも、副業を真剣に考えだす人が増えています。今まで培ってきた強みを生かして副業にぜひチャレンジしてみてください。

  16. 住まいのこれから

    浴室のバリアフリー化 高齢者の健康と安全のために注意したいリフォームの考え方

    30年以上前の住宅の場合、浴室はタイル張りの湿式工法の浴室がほとんどです。この工法は、段差が大きい、冷えやすい、滑りやすいなどの危険なデメリットが多くなっています。今後の状況を考え、補助金制度も利用して介護の負担を軽減するバリアフリーリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

  17. 50代から気をつける病気。予防・対策

    更年期以降の女性は要注意!? 女性ホルモンと生活習慣病の関係とは

    女性ホルモンの分泌が乏しくなる更年期以降に、生活習慣病や骨粗しょう症などのリスクを減らすためには、食事や運動に注意することが大切です。急激なダイエットや負荷の強い運動といった無理を避け、長期的な視点で生活習慣の改善を目指しましょう。

  18. 身体のこれから

    40代以上は自力でのダイエットが難しくなる理由

    40歳を過ぎると、基礎代謝量が減ってきて自力でダイエットをすることはだんだん難しくなります。バランスのとれた食事と運動を毎日続けることが、地道なように見えて一番の近道なのです。元気なシニアライフを送るためにも、まずは毎日の食事や運動量を見直してみましょう。

Ranking